<< 卒業式サプライズ | main | 海兵隊の抑止力(3) >>

海兵隊の抑止力(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    普天間基地問題の本質は政治家の利権にありますでは、あまりにも情けないので、海兵隊における抑止力の有無を勉強してみます。

    まず、日本国内の海兵隊基地は、岩国(山口県)、佐世保(長崎県)、沖縄にあります。

    佐世保基地を母港としているのが、強襲揚陸艦「エセックス」。ヘリコプター空母です。

    20120305211749_0.jpg

    そして、その艦載機が岩国基地に駐留しています。

    海兵隊をヘリコプターとともに紛争地に送り込むのが、強襲揚陸艦の役目ですから、ペルシャ湾へもイラクへも、この空母が日本から出撃しました。

    海兵隊基地は、米国の東西海岸に1ヶ所ずつあり、米国外にあるのは日本だけです。したがって中東地区へは、日本から海兵隊が出兵します。米国本土よりも近いですからね。

    普天間基地には、大型ヘリコプター「スーパースタリオン」が配置されています。

    20120305182130_0.jpg

    海兵隊は紛争地に派遣される部隊で、殴り込み部隊と呼ばれています。西太平洋からインド洋までの範囲で、米国の軍事戦略を実行する部隊です。日本を防衛する部隊ではないので、日米安保とは無関係に日本にいます。つまり海兵隊の基地は、沖縄でも、日本本土でも、グァム島でも、どこにあっても良いのです。

    政府は「海兵隊は日本の防衛とは関係が無い」とは言えないので、「東アジアの平和維持に貢献する。」という説明をします。その時の仮想敵国は北朝鮮と中国です。

    (続く)

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM