<< 首里三箇の散歩(3)崎山樋川 | main | 首里三箇の散歩(5)首里城継世門 >>

首里三箇の散歩(4)御茶屋御殿の石造獅子

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    首里崎山町には、琉球王朝の迎賓館である御茶屋御殿(うどぅん)がありました。

    20120325202331_0.jpg

    首里城の南にあたる識名園を南苑と呼び、東にあたる御茶屋御殿を東苑と呼ぶことがあるそうです。中国から来た冊封使などが、ここで接待を受けたのですね。

    御茶屋御殿の建設は1677年とされています。薩摩の琉球侵攻が1609年でしたから、その後ですね。1677年は第二尚氏第10代国王、尚質の時代です。最後の国王、 尚泰 が第19代国王ですから、10人の国王が、この御殿を使ったことになります。


    御茶屋御殿には、一頭の石造獅子がいました。琉球王朝最古の石造獅子は、1689年に造られた八重瀬町富盛(ともり)の石彫大獅子とされているので、御殿建設後しばらくして、この獅子が造られたようです。いずれにせよ、300年以上前のことです。

    20120325202430_0.jpg

    南を向いて厄除けの役割を、今も果たしているこの屋敷獅子は、何人もの琉球国王と会い、沖縄戦で御殿が焼け落ちるのも目撃しているのですね。なにしろ300年ここにいるのですから。

    御茶屋御殿は、2006年の那覇市議会で復興が議決されています。一括交付金も支給されたことですから、そろそろ着手していただけないでしょうか?

    コメント
    2016年8月30日のニュースによると、いよいよ琉球王国の迎賓館である「お茶屋御殿」の発掘調査が始まり、再建に向けて動きだしたようですね!
    これからの再建に向けての動きをお知らせください。宜しくお願いします。
    • 嬉しいニュース
    • 2016/09/01 8:31 PM
    嬉しいニュースさん、コメントありがとうございます。

    なかなか話が具体化しませんでしたが、いよいよ調査が始まるんですね。いや、本当に嬉しいニュースです。

    幼稚園の移転が必要となると、まだ少し時間がかかりますかねぇ。
    • coralway
    • 2016/09/01 11:44 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM