<< 石垣島の一等星マラソン | main | 津波古さんと小波津さん >>

沖縄のファーストフードチェーン「A&W」(1)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    A&Wは米国のファーストフードチェーンです。

    本土ではまったく馴染みの無い名前ですが、沖縄には、日本返還前から出店していますから、マクドやケンタなどより早く日本に進出した、つまり日本初のファーストフードチェーンなのです。(写真は古波蔵店です)



    観光で沖縄に来て、

    「沖縄料理は美味しくないから、ハンバーガーにしましょうよ。やっぱり那覇は都会よね。マクドやモスがちゃんとあるもの。」

    などと、バーカなことを言ってるそこの女の子。沖縄をなめてはいけません。

    マクドが日本第1号店を銀座にオープンし、私たちナイチャーが「おいおい、マクドナルドって何だ?」と言っていたころ、沖縄ではとーっくの昔に、A&Wがオープンしていて、ウチナーンチュは、パクパクとハンバーガーを食べていたのです。

    なお、A&Wはエンダーと正しく発音しましょう。

    「なぁに。このエーアンドダブリューって。」などと言うようでは、ウチナーンチュに笑われます。

    ウチナーンチュの英語は米国人仕込み、と言うより、沖縄はアメリカだったのですから、パーティーをパーリー、ウォーターをワーラーと発音するのと同様、ウチナーンチュ、特にオジぃやオバぁは正しい英語の発音ができるのです。

    A&Wは、何度か本土上陸を試みています。まず東京で駄目、ならばと挑戦した大阪でも失敗。こっそり出店した鹿児島からも撤退と、散々な結果でした。

    「沖縄でうまくいったから、本土でも。」という気持、よーくわかります。でも、それは駄目なのです。

    オリオンビールが、本土でまったく売れないのと同じなのです。

    オリオンビールは沖縄の気候で飲むからうまい。ウチナーンチュが「わったービール」として深い愛情を注いでいるから売れる。

    同じ立場にいながらも、このことを、A&Wはすっかり忘れていたのです。

    以降、A&Wは心を入れ替え、「本土進出は一時の気の迷いだったの。」ということにして、ゴーヤーバーガーを売り出すなど、県産品バーガーの道を着実に歩み、ウチナーンチュはA&Wの浮気心を、広い心で許したのでした。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM