<< 沖縄の軽便鉄道(1)壺川〜古波蔵 | main | 神谷千尋「ティンジャーラ」(1) >>

コザのタコス屋「チャーリー多幸寿」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    沖縄料理と言えば、沖縄そば、ゴーヤーチャンプルーなどを思い浮かべますが、もうひとつの沖縄の味はアメリカンフードです。

    アメリカ統治下にあった沖縄では、ハンバーガーなどのファーストフードが県民食と言えるほど人気があり、本土では今ひとつのタコスが、沖縄では人気です。

    コザのパークアベニューの坂道を登ったところに、タコスの老舗「チャーリー多幸寿」があります。
    「タコス発祥の店」となっていますが、他にも元祖を名乗る店があるので、真偽は不明です。



    2,3年前にここのタコライスを食べて、美味しい記憶があったので、昼食に寄ってみました。

    本来、タコスはメキシコ料理ですね。とうもろこしで作った柔らかいパン生地に、いろいろな具を載せて食べます。

    沖縄のタコスは、やはりアメリカ風で、折り曲げたパン生地をカリッと揚げてあり、そこに具が挟んであります。

    タコライスは、タコスの具の部分(牛挽肉、たまねぎ、ニンニクなど)を、ご飯に載せて食べます。牛そぼろ御飯を思い浮かべると、見た目は、まあ似ています。

    "茹で蛸"と野菜にドレッシングをかけるのではありません。わかってますね。

    このお店、写真のとおり、沖縄では珍しく店構えに「やる気」があります。

    店のスタッフは感じが良く、厨房の奥で店主のチャーリーさんが、温厚そうな顔でこちらを見ています。店内の雰囲気は、いかにもアメリカの食堂といった感じです。

    ここのタコライスは美味しいです。おすすめできます。

    香辛料が口の中でピリピリして、ビールも美味しく飲めます。

    パークアベニューの坂の入口にあった、喜屋武マリーのライブ・バー「Asian Rose」は閉店していました。

    コザの灯が、またひとつ消えたのですね。残念ですが、そんな気がしていました。

    コメント
    チャーリー多幸寿
    35年位前になりますが、美味しいので
    那覇から、わざわざ出かけて食べに行きました。

    当時のチャーリタコスは、コザ市の白人街に
    確かあり、店内はほぼ外国人で賑わってました。

    初代店主(年配のオジサン)が、
    カウンターで、焼き上げるアツアツのタコスの
    美味しさ!今でも しっかり味覚が残ってます♪


    • マリン
    • 2013/05/12 10:36 AM
    お店の雰囲気が、タコスやビールが美味しく食べれる雰囲気なんですよねぇ。

    那覇にもお店ができましたが、できれば、コザで食べたいと思います。
    • coralway
    • 2013/05/13 6:45 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM