<< 石垣島のパイナップル その後 | main | ちょっと、そこのあなた!! >>

石垣島の唐人墓

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    石垣市新川にある唐人墓です。ロバート・バウン号事件(1852年)で犠牲になった中国人苦力(クーリー)の墓で、1971年に建立されました。

    20120603185338_0.jpg

    唐人墓は、石垣市中心部から川平湾に向かう途中にあり、竹富島や小浜島、その背後には西表島が望めます。


    ロバート・バウン号は、中国福建省からアメリカ西海岸へ向けて、約400人の中国人苦力(肉体労働者)を輸送していた船の名前です。船内で苦力の暴動が発生し、石垣島に座礁してしまいました。

    船から脱出した苦力を石垣島の役人が保護し、島内に収容したところ、後に米英の軍艦が現れ、島を砲撃した上で、苦力を捕縛し、一部を殺害しました。この事件をロバート・バウン号事件と呼びます。

    ドラマテンペストでも、この事件は取り上げられ、孫寧温がうまく事件を解決したことになっていましたね。

    山中に隠れるなどして生き残った苦力たちを琉球政府は丁重に扱い、後に約170人を琉球の船で中国へ送還しています。


    この話は、琉球政府の外交史として記録され、日中間の美談として、中国の教科書にも取り上げられているそうです。中国が教科書で日本を褒めることがあるんですね。

    苦力とは、つまり奴隷で、ゴールドラッシュのアメリカ西海岸へ運ばれていたようです。アフリカで調達した奴隷を東海岸まで船で運び、北米大陸を陸路横断するより、太平洋を横断するほうが効率がよかったようです。

    日中友好の一方で悪役となった米国はまったく面白くありません。苦力は、船員から受けた迫害に反発して暴動を起こしたのですが、それを米国は、船内で苦力を迫害した事実は無く、苦力の海賊行為だとしています。そして、苦力は奴隷ではなく契約雇用者だそうで、米英の軍艦が石垣島を砲撃したのは、犯罪者を摘発するための、当然の行為なのだそうです。

    まあ、どう見ても、米国の説は劣勢なように思えます。


    唐人墓の話に戻ります。

    米英軍に射殺されたり、逃走中に病死した苦力たちの墓は島内に散在していました。それを、パイナップルの記事で登場した林発さんらが中心となり、中国の方角を向き、海が見える丘の上に唐人墓を建立し、遺骨を一ヶ所にまとめたのです。石垣島在住の中国人子孫たちは、ここで毎年、清明祭を行っています。


    ロバート・バウン号事件や、パイナップルの栽培に至る経緯などからわかるように、八重山と中国は歴史的に良好な関係にあり、今も多くの中国人子孫が八重山で生活をしています。ですから、中国に対する親近感は当然、本土とは異なります。そして、米国は悪者です。

    八重山の人達が、自衛隊の配備や、保守色の強い教科書の採択に強い反発を示すのは、それなりの歴史的背景があるってことですね。


    コメント
    お早うございます。
    中国が日本を誉めることはないと思います。
    琉球を誉める事は、あっても
    台湾や中国を旅行すると、日本から来たと言うより、琉球から来たというほうが、対応が良いそうです。
    • mintama
    • 2012/06/04 5:45 AM
    パイナップルの栽培と、ロバート・バウン号事件を例に、八重山(もしくは琉球)と中国が、歴史的に良好な関係にあったことを、3回に分けて記事にしました。

    mintamaさんが、記事の趣旨を理解してくれてるのならば、何故、そんな噛み付くようなコメントをされるのか理解できません。

    確かに、中国の教科書が日本を褒めていると書きましたので、そこがご不満なんでしょうね。だとすれば、「そこは、日本と書かずに石垣島と書いたほうが、適当ではないか。」と言って下されば、充分伝わりますよ。

    言葉尻とまでは言いませんが、記事の趣旨に影響するような箇所ではないと思います。

    mintamaさんが言われるように、中国や台湾が琉球を褒め、今も、沖縄からの旅行者が両国で歓迎されることはあるでしょう。だけど、それは、私の記事の趣旨と同じ事じゃありませんか。
    • coralway
    • 2012/06/04 7:13 AM
    ほんとにね、「情けは人のためならず」ってね。
    トルコだって、昔、和歌山でトルコの船が座礁たのを助けてくれたって、イライラ戦争のとき、
    あんなあぶないとこを飛行機とばして、日本人救出してくれたじゃないの。

    琉球のひとたちが苦力の人たちを救ったのも、
    きっと中国でも福建省の苦力の子孫の人たちはずっとかたりついでると思うよ。
    中国政府がほめようがほめまいがね。


    「外交も経済も「情けは人のためならず」でなきゃ、これからのグローバルな展開に取り残される。」
    浜 矩子先生の受け売りでございます。
    • 大阪のおばちゃん
    • 2012/06/04 10:37 AM
    おお、やっぱり、めんどくさいと思っても、研修には行くもんやな。

    おばちゃん、今日は充実しとるな(笑)
    • coralway
    • 2012/06/04 10:50 AM
    たまにはね。
    • 大阪のおばちゃん
    • 2012/06/04 11:06 AM
    ごめんなさい
    誤解があったようですね
    決して噛み付いてるつもりはありません
    • minntama
    • 2012/06/04 4:34 PM
    ありがとうございます。

    mintamaさんが沖縄を愛するように、私も日本を愛してます。

    一方が他方より優れているなんて話はやめておきましょう。
    • coralway
    • 2012/06/04 4:41 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM