<< はい!わかりました!! | main | 大道森の巨大ハブ >>

沖縄そばの店「てんtoてん」(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    かなり前に、一度紹介した「てんtoてん」。

    以前の記事があまりにも不親切だったため、もう一度です。

    場所は那覇市識名4丁目。識名園から徒歩で10分かかりません。

    まず、この外観がそば屋に見えますか?

    20120604015648_0.jpg

    蔦に覆われた入口をくぐると、

    20120604015713_0.jpg

    外観からは予想できない店内です。ここがそば屋に見えますか?

    20120604020329_0.jpg

    と、このあたりで既に、初めての方なら喜んでいただけるわけです。沖縄初心者を食堂のようなそば屋へ連れていくと、いくらそばが美味しくても喜んでくれません。そうなると、古民家かおしゃれな店を選ぶことになります。


    てんtoてんのそばのツナギは木灰です。木灰でなければカンスイですが、私の感想としては、両者に差はありません。ただまあ、ガジュマルの木灰を使ってますと言えば、上等には聞こえますね。出汁はかつおであっさり味です。だけどコクがあります。

    20120604015622_0.jpg


    ここで、沖縄そばの製法をおさらいしてみます。

    1.小麦粉にツナギとして木灰汁を混ぜ、足で踏みます。踏めば踏むほどコシがでます。
    2.棒で延ばして麺に切ります。
    3.しばらく寝かせて、ゆでます。

    ここからが、うどんやラーメンと違います。

    4.ゆでた麺に油をまぶし、自然冷却させます。
    5.お客さんに出す時に、湯通しして、表面の油を落とします。
    6.鰹や豚骨の出汁に麺を入れて、色々トッピングしてできあがり。

    うどんやラーメンは、ゆでたら冷水で冷ましますが、暑い沖縄では麺が傷まないように、すぐに油をまぶします。

    冷やさないと、普通は麺が延びますよね。沖縄そばの麺は、表面が油にコーティングされ、キュッと締まって、天パーみたいになります。延びてブヨブヨにはなりません。それでも、麺の中心部はやはり熱で延びるので、ボソボソゴワゴワになります。

    沖縄そばが、うどんやラーメンのように、ツルツルっと食べれない理由が、ここにあります。そして、沖縄そばに拒否反応を起こす人は、あのボソボソゴワゴワを嫌がるようです。


    長々説明しましたが、もう少しお付き合い下さい。

    てんtoてんの麺が他店の麺と違うのは、生麺を注文の都度ゆでるので、油をまぶしません。時間は多少かかりますが、うどんと同じ食感でツルツル食べれて、ボソボソゴワゴワしません。

    じゃあ、うどんじゃん!?となりますが、麺の色は木灰で黄ばむので、見かけは沖縄そばですし、出汁も沖縄そばの味です。

    わかります?

    結局、美味いのか、不味いのかって、そりゃあ美味しいですよ。沖縄そばが苦手な人でも、これならいけるかもしれません。


    次に、サブメニューを紹介します。

    サンニンの葉に乗ってるのは、古代米のおにぎりと、油みそ。古代米って、遺跡から採取した古代のお米ではなく、西表島産の赤米です。もちろん無農薬。

    20120604015820_0.jpg


    こちらが、琉球王朝伝来のぶくぶく茶。茶筅でお茶を点てます。熱くはありません。鼻に泡をつけないように飲むのが難しいです。あま菓子付き。

    20120604015841_0.jpg

    ぶくぶく茶の美味しさを、私はまだ理解できてないので、説明できません。すみません。


    よっし、今回は丁寧に書いたな。


    コメント
    ぶくぶく茶についているお菓子は「きっぱん」「とうが漬け」と見ました。
    柑橘と冬瓜が原料の、「謝花きっぱん店」の銘菓。これだけでも、ここのお店の格が高いのがわかります。
    このお蕎麦もこんど食べよう。
    • すばる
    • 2012/06/04 1:15 PM
    そうです。きっぱんと冬瓜漬です。
    すばるさん、謝花きっぱんもご存知で。
    もっとも、もはや、何を聞いても驚きませんがね。

    三大饅頭も食べました?儀保まんじゅう、山城まんじゅう、天妃前まんじゅう。
    まだなら、このベージ右側のsearch this siteで、三大饅頭と入力し、クリックです。
    • coralway
    • 2012/06/04 3:11 PM
    たべましたぁ。
    のーまんじゅうは大きすぎてもてあましました。山城まんじゅうはほどほど、でした。
    てんぴぬめーは、ご苦労にもはったい粉であんを作り、まねして作って見たことがあります。
    あんなに薄べったい饅頭にあんを入れるやり方、わかります?
    私の考案?では、皮であんを包んでから、押しつぶして平たく伸ばせば出来ます。
    • すばる
    • 2012/06/04 3:37 PM
    まいったぁ!!

    私から申し上げることは、何もございません(笑)
    • coralway
    • 2012/06/04 3:40 PM
    なんとぅもお忘れなく〜
    • 大阪のおばちゃん
    • 2012/06/04 3:48 PM
    あっ、そうだった!!

    すばるさん、なんとぅ餅もよろしく。

    コザの仲程食品店!!

    http://yamahara.ti-da.net/
    • coralway
    • 2012/06/04 3:52 PM
    この辺数軒が蔦だらけの家だけど、何か意味あるのですか?主人の実家から近いのですが、そば食べたことないです。
    • うそ800
    • 2012/06/04 6:31 PM
    こんにちは。

    どうなんでしょうかね。陽射しを遮る効果はありそうですけどね。

    美味しいですよ。ここのそば。

    「てんtoてん」は、そのまま「てんとてん」です。
    • coralway
    • 2012/06/04 6:36 PM
    ふちゃぎも美味しいですよぉ。
    味をつけないもちに味をつけない小豆をまぶして何が面白い、と思いましたが、一度食べたら病みつきに。
    味のないもちと小豆に、塩を少々振って食べる美味しさ。これも真似して作ります。
    初めて食べたのはコザです。
    お月見で食べるやつですよね。

    おはぎのつもりで食べるから、面食らいました。

    そう言えば、以前、フチャギの写真を載せたら、しいたけさんが、「フチャギと聞いたら、黙ってられん!」とか、言うてました。

    フチャギ好きは、多いみたいですね。
    • coralway
    • 2012/06/04 9:37 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM