<< 沖縄そばの店「てんtoてん」(2) | main | 御嶽の鳥居 >>

大道森の巨大ハブ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    先週、那覇市真嘉比(まかび)小学校のごみ置き場で133センチのハブが見つかりました。モノレールおもろまち駅東側の小学校です。

    昨年、恩納村で捕獲された242センチのハブには及びませんが、それでも大きなハブです。小学校の裏手には大道森(だいどうむい)があり、そこに住んでいたハブが侵入してきたようです。

    大道森は沖縄戦の激戦区で、米軍にハーフムーンと呼ばれた丘陵地ですが、道路建設と区画整理で、もうすぐ失われてしまいます。もしかしたら、このハブは、この森に住む最後の一匹だったのかもしれません。


    さて、捕獲されたハブは校長先生の手で標本となり、生徒が観察できることになりました。そこへ琉球新報の記者が現れ、生徒の中から一人の小柄な女の子を選びました。

    女の子の身長は126.8センチ。4年生の愛弓(あゆ)ちゃんです。

    「どう思いましたか?」とたずねる記者に愛弓ちゃんは、「私よりも大きなハブなので、ほんとうにびっくりしました。」と100点満点で応じ、記者を大いに喜ばせたのでありました。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM