<< 那覇空港の拡張 | main | 豊見城ゴルフ練習場 >>

沖縄そばの店「楚辺」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    ここのところ、古波蔵の居酒屋「エール」の常連客となっています。

    先日、その「エール」で、近所のそば屋「楚辺(そべ)」の話になり、

    私 「あぁ。あそこのそばはおいしい。」
    客 「普通のそば?」
    私 「そう。」
    客 「ダメッ! ソーキそばでないと。」
    私 「ふーん。じゃあ、次はそうしよう。」
    客 「次って、いつっ!」
    私 「えー。何? じゃあ、次の土曜日のお昼に行こうかな。」
    客 「何時!?」
    私 「そんなこと決めてないけど、じゃあ11時半くらいかな。」
    客 「ダメッ! 12時でないと。」
    とういうような、やりとりがありました。

    何でソーキそばなのか、何で12時なのかは、さっぱり覚えが無いまま、土曜日の今日、行ってみました。

    「楚辺」は、壷川(東)の信号を旭橋に向かって右手に入り、急な登り坂の途中にあります。

    20111108001524_0.jpg

    エールのお客さんの言いなりになるのが、どうもイヤな気がして、12時過ぎに着いて、普通のそばとビールを注文しました。

    赤瓦の家を改造した店は、全席が座敷です。あっさりして美味しいそばです。

    その時、席にあった沖縄のガイドブックを見ると、店の記事があり、ソーキそばの写真が載っていました。



    美味しそうです。

    ソーキが別になって、ビールに合いそうです。

    エールのお客さんは、これを食べろと言ってたのですね。しまったなぁ。

    それで、何で12時なのかな?

    このお店、11時半の開店です。

    多分、そのお客さん、11時ころ行って、閉まっていたことがあったのでしょう。

    それで、12時なら大丈夫だと。

    ついさっきまで、こうるさい客と思っていたのに、なぁんだ、いい人じゃないですか。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM