<< ウチナーカラジ | main | 本島のアキサミヨーと宮古のアッガイ >>

コールセンターの仕事はたいへんだ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    コールセンター事業は、沖縄県が誘致に積極的な事業の一つです。沖縄は人件費が安く、人材が得やすいため、本土に比べて事業環境としては有利ですからね。地震が少なく、電力供給も安定している沖縄へ是非どうぞ。


    ところで、顧客の電話を受けるコールセンターは気苦労の多い仕事です。

    客室乗務員、銀行窓口、スナックのお姉様など、サービス業従事者に共通することですが、客の立場を利用して、無茶苦茶を言う人の態度には、目にあまるものがあります。

    コールセンターの仕事が、他のサービス業に比べてやっかいなのは、相手の姿が見えないことにあります。ですから、苦情を言う側は言いたい放題。サービスに対する苦情のはずが、次第に相手の人格を攻撃する内容にまでエスカレートしてしまいます。中には、それで憂さ晴らしをしている馬鹿な(病んでる)やつまでいて、そんなやつに、毎日のように名指しされるコールセンター従事者の気苦労は、察するに余りあります。


    オスプレイ配備の件で、仲井真知事が「強引に配備して事故が起きれば、すべての米軍基地を閉鎖することになりかねない。」と発言しました。

    反響があるだろうと思ってましたが、まあ続々と、

    「仲井真は何様のつもりだ!!」

    「たかが県知事にそんな権限があるのか!!」

    仲井真知事にそんな権限があるわけないでしょ。だけど、県民の命を預かる県知事の発言としては、当然、アリ。仲井真知事の発言そのままを、防衛大臣が米国に向けて普通です。国民を危険な目に合わせて、米国に一切口ごたえしない首相や防衛大臣に、まず抗議しないと。


    コールセンターへ毎日電話して、ガミガミ言ってる人と、仲井真知事の悪口を言ってる人は、概ね、タイプが同じですね。自分に害が及ばないことを確認した上で、言いたい放題を言い、一種の快感を得ているわけです。


    毎日の生活に満足できず、鬱積したものを抱えてる人は、コールセンターに電話したり、基地問題に首をつっこんだりしなくてもエエから。近くの海にいって叫ぶとか、夕陽に向かって走るとか、そんなふうにして解消してちょうだい。


    コメント
    >自分に害が及ばないことを確認した上で、言いたい放題を言い
    以前、うちなーんちゅで、私に言いがかりをつけてきた人がまさにそうでしたね。ヤマトゥが沖縄民謡を唄うのは文化の収奪だ、と言ったやつ。
    西表で扇風機もない部屋だったので、頼んで部屋を替えたことにまでモンクいわれました。あ、もしかして、うちなーんちゅじゃなかったのかな。7月の西表で、扇風機もなしに寝るのがどういうことかわからないなんて。今気がついた。

    すばるさんのブログに来てたアラシ君は、ウチナーンチュじゃないですね。

    すばるさんなら攻撃しても大丈夫と思ったんでしょう。ところが、やり返されちゃったのね(笑)
    • coralway
    • 2012/07/09 2:03 PM
    そうですよねー。
    今ごろニセうちなーんちゅだと気付くなんてよっぽどお目出度いな。
    西表で宿泊したというだけで「リゾート」に泊まった、と決めつけていたけど、部屋に冷房も扇風機もないリゾートホテルがどこにあるか。2食付き5千円の「宿屋」だよぅ。
    NHKの番組を作っている人が3人同宿。シャワー室のシャンプーにNHKと書いてあった(笑)。
    滞在中に私の誕生日が来て(誕生日割引の1万円キップを利用したのです)、宿の女将が外食を奢ってくれたとき、NHKの3人も一緒に食べました。
    クレーマーについては、コメントはないのですが、コールセンターの誘致については複雑な気持ちになります。また、このブログでもよくでてきますが、ナイチャー(内地)やヤマトゥ(大和)などの表現です。表現上、いたしかたないことは十分承知してますが、内地の対峙するのは、外地です。ウチナーは、やはり外地なのか、大和ではないのか。これまた複雑ですね。
    話は変わりますが、沖縄には「家庭はんだん」ってのがありす。掲げられている看板も過去に二度目にしました。これも沖縄の風景としての題材かも、、宜しくお願いします。
    keiharu
    • keiharu
    • 2012/07/09 3:30 PM
    すばるさん

    NHKはシャンプーも経費で買うんですね(笑)

    何の番組だったんでしょうね。西表島で取材した番組なら、何でも見たい気がします。
    • coralway
    • 2012/07/09 4:04 PM
    keiharuさん

    内地の人間が自分達のことをナイチャーと呼び始めたのなら、おっしゃる通りですが、ナイチャーって沖縄の言葉ですから、おっしゃることが、ちょっとわかり辛いです。

    家庭はんだんって初めて聞きました。さっそく近くの人に聞いてみます。
    • coralway
    • 2012/07/09 4:39 PM
    番組はね、名前忘れました。自然がテーマです。何か小さい花が海面にぷつっと浮かんで開き、水面をつーつーと走っていたような。
    あの人たちは、それの起こるのを待って毎日毎日、海へ行っていたんですね。

    ないちゃーとか、やまとぅと言われて決して気分はよくないけど、沖縄の人がそういうんなら仕方がないか、私はうちなーの人ではないからないちゃーかと思っただけ。
    何と言えば抵抗が無いですか?keiharuさん。
    すばるさん

    「うみしょうぶ」だって。

    真夏の大潮の日に、背丈3ミリ、無数の白い花が突然海面を走り出し、みるみる海を覆い尽くす。わずか3時間の命のドラマ。

    へぇ〜知らなかった。
    • coralway
    • 2012/07/09 5:25 PM
    ああ、「うみしょうぶ」ね。菖蒲の花のように花弁が外に反る、小さい白い花で、海面を走っていました。彼らがそれを撮ったのだ、と思ってよく見たんでした。
    その時のカメラマンには、後年、芸能人のライブ(沖縄市で)会場でぱったり出会いました。向こうも覚えてましたっけ。何日も朝夕一緒にご飯食べましたもの。
    • すばる
    • 2012/07/09 6:02 PM
    すばるさん

    住んでてもできないようなことを、まあ、軽々とやってのけますねぇ。
    • coralway
    • 2012/07/09 6:10 PM
    私自身ソーウチナァ(根っからのウチナーンチュ)で、確かに我々の先輩方が県内の方、他府県の方の意味で大意なく使ってきたものなのでしょう。ただ、文字にしたり、声で発したりすると、それこそ大意はないのですが、何か、、変と感じる、その程度のことです。何かシックリくるものないでしょうかね。
    • keiharu
    • 2012/07/09 6:12 PM
    keiharuさん

    どう呼ぼうが、シックリこないと思いますよ。

    本土の人間が、自分自身をナイチャーと呼ぶことに、ウチナーンチュがシックリこないとすれば、中央、地方の序列意識ではないかと思います。

    それは、首里の人が自分自身を「首里んちゅ」と呼ぶと、那覇の人がムカつくのと同じで、那覇の人がコザで「俺は那覇んちゅだ」と言っても同じ。

    馬鹿馬鹿しいけど、これは無くならないですよ。だから、ナイチャーを他の呼び名に変えても、シックリこないのは同じでしょうね。


    ところで、私がブログで、自分自身をナイチャーと呼ぶのは、確かに問題かもしれません。

    私が自分自身をナイチャーと呼ぶのは、すばるさんのコメントの通りで、ウチナーンチュがそう呼ぶからです。

    日本人が海外の人を「ガイジン」と呼びますね。本土の人間がウチナーンチュにナイチャーと呼ばれた時の印象は、それと同じなんですよ。だから、本当はあまりいい気分ではありませんね。

    だから、私が自分自身をナイチャーと呼ぶのは、「私はガイジンです」と言ってるつもりです。移住者ですからね。首里の人が「首里んちゅです」と言ってるのとはまったく意味が違う。(つもり)

    まあだけど、確かに「偉そうにして」と思われることがあるかもしれませんね。ちょっとこれは宿題です。

    自分をナイチャーと呼べないってことは、ウチナーンチュをウチナーンチュとも呼べないって理屈になりませんかね。だとすればちょっと難問だなこれは。
    • coralway
    • 2012/07/09 10:09 PM
    私の知人、友人は、すばるさん、・・子さんというから、そういう呼ばれ方はしません。
    いつか、市場で、(これはやまとぅだからシーブンしなくていい)という意味のことを男性が言い合ったので、「あら、わたしだってオマケほしいですよー」と言ったら「あい、ネーサン俺等の話分かるね、ごめんごめん」と、どっさりシーブンしてくれました。
    • すばる
    • 2012/07/09 10:27 PM
    クレーマーにも、色んなタイプがありますね。
    特別待遇要求型や
    監督タイプ(こうしたら良いのに等)

                      等々

    クレームから、要望等(期待している)学ぶべき点も多いのですが、一番怖いクレームが『サイレントクレーム』だと思います。

    ※何も言わず、去って行きますから
    • 和歌山のおいやん
    • 2012/07/10 10:12 PM
    サイレントクレーマーが、一番きちんと判断できてるってことですね。

    その次が、普通のクレーマー。

    一番下が、クレームをつけること自体を目的とする人。このランクと聞きかじりで沖縄を悪く言う人が同等ですね。無視すればいいんだけど、目にすると腹がたつ。

    ところで、「おいやん」って、和歌山の言葉で「おじちゃん」なんですね。知りませんでした。
    • coralway
    • 2012/07/10 10:34 PM
    和歌山県民

    おじちゃん=おじさん=おいやん

    正解ww!!
    • 和歌山のおいやん
    • 2012/07/10 10:36 PM
    すると、おばちゃんは。
    • coralway
    • 2012/07/10 10:38 PM
    おばやんwです。

    ご参考まで
    http://kihoku.yukamm.com/
    • 和歌山のおいやん
    • 2012/07/10 10:43 PM
    おばやん。言われてみればそうなりますね。

    紀北はゴルフによく行きました。

    橋本、紀の国、紀泉、ちょっと南の海南。
    • coralway
    • 2012/07/10 10:51 PM
    かだら、っていわはりますよね。
    からだのこと。
    • 大阪のおばちゃん
    • 2012/07/11 1:45 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM