<< 嶋田叡元知事の遺骨捜し | main | 朝の陽射しが白い >>

「あしんみお嶽」ってどんな意味か?

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    私の住んでいる国場の東隣が仲井真です。その仲井真の山手にこんな名前の御嶽があります。

    20120711171741_0.jpg

    なんて読むんでしょう。

    わたしの直感では、「あしん」+「みお」+「嶽」。

    ところが、じっと見ていると、「お嶽」=「御嶽」と気づきます。「お嶽」を沖縄発音で読めば「うたき」。小禄(おろく)を「うるく」と読むのと同じです。

    だとすれば、「あしんみ」+「御嶽」です。また、「あしんみ」は安次嶺(地名)の古い読み方ですから、この御嶽は安次嶺御嶽ってことになります。

    普通に考えると、安次嶺の住民の一部がこのあたりに移って来たんでしょうね。

    以上の説明が合っているか否かは、仲井真の字(あざ)史を見ないとわかりません。


    まあだけど、(若くない)ウチナーンチュは、直感的に安次嶺御嶽と気付くでしょうね。ところが、移住者の私は直感が働きませんから、上記のように順に考えないと気付きません。

    これが、けっこう面倒なんですよ。一事が万事ですから。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM