<< 「八月十五夜の茶屋」の邦訳出版 | main | ベランダの応接椅子で考える >>

しんけんかっ!!

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    標準語でありながらも、ウチナーグチって言葉があります。

    「よし、ケンジ、終わり!!飲みにいこ!!」

    「いいけど、あんまり金ないから、福わ家にしとく?」

    「いいって。手伝ってもらったから、焼肉おごる。」

    「しんけん?しんけん?」

    「真剣って何?」

    「しんけんかぁってことさぁ」

    「わかった。真剣におごる。」


    と、ややギクシャクしながらも通じてまして、意味は「まじ?」ですね。


    「おし、じゃあ、古波蔵交差点とこの焼肉屋ぁへ行くか。」

    「ああ、二年くらい前にできたとこな。」

    「あそこのカルビはうまいぞ〜。」

    「たしかね。」

    「えっ、確かかと念を押されるとツライな。」

    「ちがう、たしかねは、たしかかぁってことさ。」

    「う、うん。確かにうまい。いや、はず。」


    「たしかかぁ」は「本当かぁ」ってことでしょう。


    で、焼肉屋ぁについたら、ケンジの幼なじみの女性が先客でいまして、

    「きゃー!!ケンジね!!」

    「まさかやー、ひろみね。あんたいつ帰ってきた?」

    「先月!!あんた元気ね!?」

    「帰ってきたら電話ぐらい入れとけ!!」



    「しんけん」も「たしかね」も「まさかやー」も、驚きと疑問の混入比率や感情の強弱が異なり、ニュアンスが標準語とは明らかに違います。


    もちろん、標準語からはかなり離れた言い方もあります。

    私がへたに「まさかやー」などと言おうものなら、「ん?意味はわかるけど、そこでは『はぁやぁ』のほうが良い」と言われ、さっそく「はーやー」と言えば、今度は「ギャハハ、それは歯医者」だそうです。

    「はぁやぁ」は「まさかやー」の驚きを、やや弱めた感じらしいのですが、その用法には幅があり、この意味って定義することは、まあ無理ですね。


    さて、ビールを飲み、焼肉をたっぷり食べたらお勘定です。

    「はい、お二人で8,500円になります。」

    「おい、ここは『まさかやー』でイケるか?」

    「いや、違う。」

    「じゃあなによ。」

    「『ゆくしだろー』って言え。」

    「はぁ?」


    これは「嘘だろ」の意味。より正確には「ウソだろー、うっわぁ」。

    A4の書類をコピーしようとして、20枚コピーしました。さあ終わりと思ったら、残念でしたね、用紙がB5でもう一回。って時に「ゆくしだろー!!」。


    実は説明しながらも、混乱してきましたので終わりです。結論は、言葉の使い方がバシッとわかるまでは、聞くだけにしとけってことですわね。

    はいはい。


    コメント
    もう読みながら、笑いすぎて死にそう!
    ハッサビヨ〜! デ〜ジ!
    • マリン
    • 2013/05/05 11:34 AM
    ありがとうございます。

    投稿以来10ヶ月。どなたからもコメントをいただけなかった記事ですが、これで、この記事も肩身の狭い思いをしなくて済みます(笑)。
    • coralway
    • 2013/05/05 11:44 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM