<< 国場の散歩(20)アカバナーとトックリキワタ | main | 沖縄の石橋(6)天女橋 >>

どーしても、彼らを応援する気にはなれん

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    尖閣諸島の魚釣島に上陸した地方議員らの主張を聞き、彼らを応援する気持ちになれません。


    彼らは、尖閣諸島が間違い無く日本の領土だと確信しているようです。そう考えるのは結構ですが、だからと言って、何をやっても良いとはならないでしょう。

    そもそも領土問題で、一方の主張が100%正しいなどということがあるんでしょうか。仮にそうであっても、それを相手が納得しないと、解決にはなりません。相手が挑発と受け取るような方法で、話が進展するとは、とても思えませんね。


    次に、都議や市議には、外交や防衛に関する権限は無く、結果責任を負う必要もありません。だからこそ、権限を持ち、責任を負う立場の日本政府に、上陸許可を求めたはず。そして、了解を得られなかった。だったら、上陸しては駄目でしょう。


    結局、やりたいようにやって、地元でそのことをPRし、一部の支持者に「よくやった」と拍手されるのでしょう。

    魚釣島に不法上陸した香港の活動家と何が違うのか。まったく同じ発想で、同じ行動をしているように見えます。


    香港の活動家は、最初から領土問題を念頭に、魚釣島に上陸すると宣言していました。しかし、日本の地方議員たちは、遭難者の慰霊が目的で、島には上陸しないと言った。

    香港の活動家は、言うこととやることが一致しているので、まだマシってことになりますね。


    コメント
    ほんとにバカですねえ。
    同じ土俵に立つなんて。

    強制送還しましょう。
    • ikoka
    • 2012/08/20 4:46 PM
    自民党の杉並区議は、「風にあおられて、船から落っこちた。無我夢中で泳いだら魚釣島に到着した」なんて言ってましたね。

    こんなのが、なんで当選するのか、さっぱりわかりませんよ。

    同じセリフで、竹島にも上陸してくれんかな。
    • coralway
    • 2012/08/20 4:52 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM