<< 沖縄芝居でウトゥイムチ、サビラ | main | 農連市場「佐辺昆布店」 >>

農連市場が台風に飛ばされないわけ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    古いトタン屋根と細い柱。ここは農連市場の入口です。

    20120911191940_0.jpg

    市場の開設が1953年。来年で60年になりますが、建物は開設時のまんまです。台風の多い沖縄ですが、農連市場の建物が飛ばされたことは一度もありません。

    不思議ですよね。

    その秘密が次の写真にあります。

    20120911192010_0.jpg

    つまり、四方八方、どちらからも吹き抜けなんです。台風の強風に抵抗する気持ちなんてまったく無し。感心しますよね。低予算で耐久性抜群です。

    これが、下手に壁やシャッターで覆われていたら、とっくに飛ばされてるでしょう。これなら、あと10年でも20年でも大丈夫そうです。


    ところがねぇ、こうなっちゃうんですよねぇ。



    まあ、こちらも、台風に飛ばされることは無いでしょうがね。だけど、それがどうしたんって感じです。


    コメント
    農連市場には、ものを買う為でもあるけど、それ以上に「市場をしに」行くので、こんなにこぎれいになっちゃったら、あーあ、ですね。
    朝、市場の皆さんに混じってラジオ体操をしたこともあるし、市場のあんまーとおなじ、フーチバージューシーを配達して貰って一緒にすすったこともあるけど、もうそう言うことも出来ないんでしょうね。
    那覇の開発は止まりませんね〜

    それはそうとスバルさん。次の記事は期待して下さいね〜

    今夜、遅い時間に投稿します(^-^)/
    • coralway
    • 2012/09/12 5:45 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM