<< じゃがいもの芽取り | main | 秋か、しゃあないな >>

食堂「メモリー」の黄色いカレー

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    毎日、お昼にお世話になっている農連市場の食堂「メモリー」です。

    20121026115949_0.jpg

    ここのカレーライスはこんな色をしています。黄色いカレーです。

    20121103170549_0.jpg

    これは、昭和30年以前のカレーです。戦前のカレーと言っても良いでしょう。

    カレールーが普及したのは戦後のことで、それ以前は、カレー粉と小麦粉を炒めてルーを作っていたのですね。私の母は、とろみを出すために片栗粉を混ぜたと言ってます。


    「メモリー」のお父さんは、今でも市販のカレールーを使わず、昔の製法を選んでいるわけです。

    味は淡白です。食感はカレー味のシチューですかね。なかなか美味しいカレーです。


    普通のカレーと、どちらが美味しいかについては、結論が出せません。それは、フローリングと畳、ダイニングテーブルとちゃぶ台、スーパーマーケットと農連市場を比較してるようなものです。


    日本のカレーは、インドのカレーとは全く異質のもので、日本独自の食べ物と言って良いでしょう。

    戦後、本土でカレールーが普及したころ、沖縄はアメリカでした。つまり、沖縄でカレールーが本格的に普及したのは、本土復帰以降のことだと思います。

    その27年の間、黄色いカレーは沖縄で生き続け、今でもその製法にこだわりを持つ人がいるってことだと思います。そして、農連市場のお母さん方には、馴染む味なのかもしれません。


    まあ、試しに、食べてみて下さい。代金は500円です。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM