<< 本日のヒージャー | main | 商売敵、現る(3) >>

映画「マディソン郡の橋」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    20121215172836_0.jpg

    雨の中に立つロバート(クリント・イーストウッド)。車のドアを開けようとするが、開けることができないフランチェスカ(メリル・ストリープ)。

    「何しとんねん。外へ出ろ!!」と叫びましたよ(本当は叫んでいないが)。ワタクシ。

    ロバートは、さっさと行ってしまうし。

    「それまでの4日間はなんやったの?」

    と言いたくなりました。


    フランチェスカの判断を支持される方もいらっしゃるでしょうが、車の外へ出なかった理由は何だと思います?

    結局、家族を選んだ。とか、やはり不倫はいけない。とか。

    そんな理由なら、繰り返しになりますが、「じゃあ、それまでの4日間はなんやったの?」と言いたくなります。

    そして、二人は二度と会うこと無く生涯を終え、それぞれの遺骨をローズマンブリッジから川に流し、そこでやっと一つになれた。と。

    ありえんでしょ。そんなこと。


    しかし、メリル・ストリープは素晴らしい女優です。(アカデミー賞3回、ゴールデングローブ賞8回だそうです)

    「役になりきる」と言いますが、まさにその通りに、フランチェスカを演じきりました。

    映画が公開された年、彼女は47歳でしたが、47歳の女性の美しさを見事に表現していましたね。多くの観客はスクリーンの彼女に感情移入し、フランチェスカと自分を重ねていたと思います。

    ラストのシーンで、フランチェスカは車のドアを開けませんでしたが、メリル・ストリープの演技に魅了された観客は、彼女の判断にケチをつけれなくなっていたのではないでしょうか。

    判断の是非を問うよりも、「とにかく、あれで良かったのよ。」って気持ちなのだと思います。


    沖縄の映画「ナビィの恋」で、既に70歳を過ぎたナビィ婆さんは、60年前の恋人とかけおちしてしまいましたが、エンディングの説得力だけを比較すると、私はこちらを支持したいと思いますね。

    20121215193048_0.jpg

    私は、マディソン郡の橋では「何で行かないの?」と思い、ナビィの恋では「なんで行っちゃうの?」と思ったわけで、まあ、勝手なものです。


    二つの映画の本質は同じですよね。しかし、その結末が持つ説得力に違いがあったということ。


    両方、または片方を観ていない方、わからない記事ですみません。

    何してるんですか。この二つの作品は見ておかないと(笑)


    コメント
    彼女を初めて観たのは「ホロコースト」
    素晴らしい演技力でたちまち大ファンになりました。

    「ディアハンター」もよかったな〜。
    いまだにメリル系顔立ちの女性が好きです。




    • ひよこ
    • 2012/12/15 8:27 PM
    LOSTで女医役のエリザベス・ミッチェルも同じ系統で、よろしいと思いますね。女優の格は、やや落ちるかもしれませんが。

    メリル・ストリープの豊かな表情に比べて、クリント・イーストウッドは、最初から最後まで眩しそうな顔でしたね。
    • coralway
    • 2012/12/15 9:27 PM
    彼は、夕陽のガンマンなのでいつも眩しい眼をしているのです。

    あぁ、マカロニウエスタン懐かしい。
    • ひよこ
    • 2012/12/15 9:54 PM
    荒野の用心棒や夕陽のガンマンは、黒澤明監督の「用心棒」のリメイクだそうですね。

    つまり、クリント・イーストウッドは三船敏郎なんですかね。
    • coralway
    • 2012/12/15 10:02 PM
    年間200本以上観る映画好きですが、へそ曲がりなので、王道をいく映画を観ていません…悲しいかなコメントできない!!ちなみに今、Amazonに注文しているDVDは「ホームレス・ワールド・カップ」です(笑)ナビイは観たけど、御主人はそれで良いの?と心配になりました。
    • キャサリン
    • 2012/12/16 3:28 AM
    ホームレス・ワールド・カップですか。良さそうなタイトルですね。

    ナビィの恋は「それで良い」としたご主人(恵達)の心情に胸を打たれるのですねぇ。以前の記事にも書きましたが、本来、この映画のタイトルは「恵達の恋」なんです。
    • coralway
    • 2012/12/16 5:24 AM
    マディソン郡の橋、原作ではそのあたりはフランチェスカではなく、死後、娘が語っています。
    フランチェスカの立場も原作のほうがよく描かれていて、
    フランチェスカの選択を受け止められますね。
    ありえんからいいんちがう?


    メリル・ストリープ
    ソフィーの選択、悲しかった。
    長男を残して、幼い長女をガス室に送る選択はほんとに辛い。
    でもわたしでもそうすると思う。

    最近ではマンマ・ミーア、よかった〜
    劇団四季なんかみれません。
    12000円もとられたのに。

    ジュリー&ジュリアも
    料理本、残念ながら英語版。
    読むのはなんてことないけど、分量の換算がめんどうです〜
    • ikoka
    • 2012/12/16 9:54 PM
    アメリカの女優で、40歳を過ぎてもトップを維持できる人は少ないと思います。さすが、メリル・ストリープですね。

    ありえんからいいってところ、そうなのかなとも思います。「(自分としては)ありえん」でしょうね、正確には。
    • coralway
    • 2012/12/16 10:00 PM
    ジェラール・フィリップ
    やったら、即決やわ。

    ちょっと古いけど。

    • ikoka
    • 2012/12/16 10:08 PM
    なんや、相手によるんかいな。

    そりゃそうやね。
    • coralway
    • 2012/12/16 10:12 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM