<< むつみ橋の猿人 | main | 上間の村獅子「ミートゥンダシーサー」(2) >>

上間の村獅子「ミートゥンダシーサー」(1)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    那覇市の東端。上間交差点から、丘の上の上間集落を見上げています。

    20130106211416_0.jpg

    国場川流域の集落は、こうした丘の上に形成されていることが多く、丘の下(国道沿い)の街は、河原を埋め立てたり、整地したりして、新しく形成されたものです。

    下から見上げましたので、次に上から見下ろしました。

    集落の南端。上間バンタからの眺めです。

    20130106210710_0.jpg

    バンタは端っこの意味から転じて、崖を意味します。本島南部、島尻の眺めが良い場所です。


    こうした丘の上は、幹線道路が通らないので、昔からの集落のカタチが保たれています。つまり、歩いていて楽しいのです。

    こちらは、集落の中心にある、村井戸と小堀(クムイ)です。

    20130106210736_0.jpg

    そして、集落南側の崖上にいるのが、以前紹介した、村獅子(シーサー)の「カンクウカンクウ」。南方向の八重瀬グスクに睨みを効かせています。

    20130106210534_0.jpg

    (続く)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM