<< 神奈川ひよこ、(突然)現る!! | main | 南城市大里「みお食堂」(1) >>

エサやり派VSアンチエサやり派

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    以前、紹介した、農連市場のこの看板

    20130109120048_0.jpg

    去年、市場の屋根を吹き飛ばした台風で、下の方がちぎれてしまいましたが、文章の意味は伝わります。

    エサやりは無責任だ。と仰ってるわけですね。

    そうだよな〜、と思いました。


    ところが、その隣のお店では、こう仰る。

    20130109120024_0.jpg

    こちらも、まったくごもっとも。その通りでございます。


    一見、対立しているかに見える、二枚の看板ですが、どうなんでしょう。

    二枚目はネコの命を尊重しろと言い、一枚目はネコが可愛いなら、エサをやるなと言ってます。

    議論が噛み合っとらんがな。


    形式的には一枚目に分がありますね。「ネコにエサをやるな」と主張が具体的です。その点、二枚目には「だからどうせよ。」がありません。

    と考えていたら、二枚目のお店からお母さんが出てきて、「お兄さんは、どっちね?ネコは嫌いね!!」と。

    ああ、やはり、一枚目に反対なんですね。だったら、看板の最後に「ネコにエサを与えろ。」と書かないと。

    それで初めて議論になります。


    さて、ネコの命を尊重するには、エサを与えるべきか、与えないべきか。

    私はエサを与えないに一票ですので、一枚目の看板を指差そうとしましたが、お母さんにケンカ売るのもナンなので、空を指差し、ソソクサと某青果店に帰ったのでありました。


    あっ、お母さん。この話、ネコが好きか嫌いかは関係無いと思いますよ。


    コメント
    おめでとうございます。
    今年も読ませていただきます。
    ねこも鳩もエサをやる人、こまりますね。
    エサをやるなら食べ残しやら排泄物の世話も
    していただきたいです。
    猫が困るのでなく、エサをやる人が困ったちゃんです。
    • ikoka
    • 2013/01/10 11:57 AM
    この二枚の看板。一枚目は文章が丁寧かつ明快で、好感が持てますね。一方、二枚目は高圧的で意味が不明瞭です。

    会社組織に例えると、一枚目は優秀な部下、二枚目は出来の悪い上司でしょうか。

    私はネコへのエサやりは反対ですが、それ以前に、各々の主張する内容で、勝負は決まってるように思えました。

    • coralway
    • 2013/01/10 12:56 PM
    二枚目どこかの演説ぽいです(^。^;)猫嫌いになった原因は何だったのかな~?猫はご飯の場所では排泄しないのでご飯をあげる人にとっては迷惑かけてないと思うのでしょうね
    • ☆しいたけ
    • 2013/01/10 4:13 PM
    内容の無いことを、さも、あるように言おうとすると、力が入って演説調になりますよね。

    やっぱり、エサを与えるだけって、いいとこ取りな気がしますね。
    • coralway
    • 2013/01/10 4:17 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM