<< 餅とムーチー(1) | main | パトカーを止めた男、し〜げ〜 >>

餅とムーチー(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    さて、餅とムーチーの違いは、つき餅か練り餅か。もち米を蒸して杵でついたものがつき餅で、モチ粉を水で練り、蒸したものが練り餅です。

    日本で、餅と言えばつき餅。練り餅は少数派です。

    大和にも、練り餅やつかない餅はあります。ちまき、柏餅、桜餅などですね。みんな、和菓子屋さんで売ってます。団子の仲間と言っても良いでしょう。

    一つ前の投稿で、つき餅は主食になると言いました。ご飯ほどではありませんが、毎日食べても飽きません。

    一方、私の中で、ムーチーの位置付けは、ちまきや柏餅と同じ。時々、味を楽しむもので、毎日食べるものではないですね。もしくは、おやつ。


    だから、大和のつき餅と、沖縄のムーチーと、どちらが美味しいかを議論しても意味がありません。食事になるつき餅と、おやつの練り餅。カテゴリーが違うんです。


    ところで、朝鮮、中国、台湾、さらに南下して東南アジアの国々では、練り餅が主流で、アジア全体で見ると、大和のつき餅が珍しいってことになってるようです。

    つき餅と練り餅の分布は、ジャポニカ米とインディカ米の分布と一致するとする説があります。

    短粒で丸く、炊くと粘り気のあるジャポニカ米と、長粒で細長く、炊いてもサラサラのインディカ米。

    インディカ米は簡単に割れて、粉々になります。その割れた部分を捨てるのは惜しいので、粉にして水で練ったものが、練り餅になったと言うのです。

    この説、当りと思いますね。

    食生活における、つき餅と練り餅の位置付けも、この説を前提に、うまく説明できそうです。


    ムーチーの日まで、あと4日。

    明日の朝は、佐辺昆布店のお父さんが、モチ粉40キロを店まで配達してくれます。

    ご本人は「まかちょーけ」と言うてましたが、バイクがよろけないか、大いに心配です。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM