<< パトカーを止めた男、し〜げ〜 | main | ムーチービーサな朝 >>

「ここへ置いときましょ〜ね。」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    某青果店のメンバーは、共に80代のお父さんとお母さん。60代前半の長男。それから、50代後半で同じ年の長女(Kさん)と相棒A。最後に、55歳のワタクシ。計6人です。

    長女のKさんは賀来千香子に似た美人ですが、ドライな性格で、合理的に仕事を進めます。このタイプの人は、次に何をやろうとしてるのか、その時、私に何をやってほしいのか、いずれも分かりやすく、私は余計な口をきく必要がありません。

    一方、相棒Aは、凡人とは違う時空に生き、Kさんや私が予想できない順序で仕事を進めます。

    最初のうちKさんとAは、「何でそれからなの?」とか、「どういうつもりなの?」から始まり、延々と、分かり合えるはずの無い、不毛な議論を続けていました。ところが、最近のKさんは、Aとの議論を避け、単刀直入、一言で決着させる方針に転換したようです。


    例えば、

    C(私)「あれ、Aさんは?」

    K「パーパァに頼まれて、駐車場の契約。近くの駐車場が空いたから、今、車を移してるはずよ。」

    C「それは助かるねぇ。」

    そこへ、Aの乗った車が店の前に停まり、Aが店に入ってきました。

    A「ハーッシ。困ったよ。」

    C「どうした?」

    A「親父によ、契約が重ならないようにして、両方、日割りにしてもらえって言われたわけさ。」

    C「当然だ。で、うまくいった?」

    A「元の駐車場は今日まで、新しいほうは明日から。」

    C「やるじゃん、Aさん。」

    A「で、今よ、車を移そうとしたわけさ。」


    A,K,C「・・・・・・」


    C「ギャハハ!!今夜停めるところが無いのか!!」

    A「うまくいったと思ったのにね。」

    K「新しい駐車場に停めなさいよ。」

    A「だけど、新しいほうの契約が・・・」

    K「駐車場のニィニィがいるでしょ。あの人に『ここへ車、置いときましょ〜ね。』って言えばいいのよ。困るのは、ダメって言われた後でしょ!!」

    C「ごもっともだ。」

    A「置かしてくれるかな。」

    K「だ〜から〜、『今日から置いときましょ〜ね。』って言えばいいの!!」

    A「ハ〜ッシ。Cさん。」

    C「俺は行かんよ。第一、俺は『置いときましょ〜ね。』なんて言わんもん。」

    A「じゃあ行ってくるか。気ぃ使うなぁ。」

    って、感じです。


    コメント
    で?今日から置きましょ~ね~でうまくいったのでしょう(笑)
    夜置く場所って私なら考えないです(笑)
    • ☆しいたけ
    • 2013/01/18 2:16 PM
    もちろん、うまくいきました。

    Aは、何もしないうちから「どうしよう。」って言うのが得意なんですよ(笑)

    • coralway
    • 2013/01/18 5:35 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM