<< 牧志公設市場の朝と昼 | main | キャベツ一個の価値 >>

マシュマロ、黒ゴマ、白ゴマ、シリアル、バター

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    これは何かの間違いでしょう。

    どう考えても、料理の出来上がりがイメージできません。

    「あっ!!」

    「マッシュルームか。なぁんだ、それなら食べ物になりそうや。」

    「お〜、危ない危ない。マシュマロの不良在庫を抱えるところやったな。」

    で、あらためて注文書を見れば、やっぱりマシュマロ。

    「うーむ。」

    いくら唸っても、時間は過ぎるばかりです。こんな時、仕入れを進めているうちに、道が開けることがあります。


    佐辺昆布店に黒ゴマ、白ゴマ、各5キロを注文すると、佐辺のお母さんに

    「こんなに沢山のゴマをどうするつもりなの?間違い無いのね。」

    と、念押しされ、不安は増すばかりです。

    次に、みやま商店にマシュマロ(300g)20袋を注文すると、みやまのお母さんに、

    「こんなに沢山のマシュマロをどうするつもりなの?間違い無いのね。」

    と、どこかで聞いたようなことを言われました。


    間違ってるかもしれないと心配している私に、「間違い無いのね。」って問われてもねぇ。それを私が知りたいわけよ。

    一向に道が開けないまま、ナントカ薬局で安売り中のシリアル(240g)15箱と、金城商事で有塩バター(450g)5個を仕入れました。


    湧き上がる不安と、恍惚。

    まあ、命までは獲られんやろ。と、気持ちを強く持ちました。


    シリアルを細かく砕き、黒白のゴマを混ぜます。

    次に、フライパンにバターをひき、マシュマロを投げ込み、熱します。

    マシュマロが溶けたら、火を止めて、先ほどの黒白ゴマシリアルを加えて混ぜます。

    マシュマロが縮んできて、ツナギとなり、ゴマ菓子の出来上がり。

    20130203074634_0.jpg

    世の中には変わったお菓子があるものです。まあ、柔らかいおこしみたいなものですね。

    美味しそうじゃないですか。

    皆さんも試してみて下さい。


    フンッ!!

    知るか、そんなもん!!


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM