<< 壺屋の散歩 | main | 「返事が無いから帰りました」と言いなさい >>

レジのトレイに小銭をぶちまけるのは、格好悪いのか?

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    某青果店は、白菜からキッチンペーパーまで、保育園の調理室で必要な物のすべてを配達します。

    仕入れ先の無い商品はスーパーで買うしかなく、私は一日平均3〜4軒のスーパーをハシゴしています。そして、ヨーグルトとか、タマゴ抜きのカニカマとかを買うわけですね。


    レジか渋滞するのはお互い様。あきらめもつきますが、どうしてもイラつくのは、レジでモタモタする客です。

    「1476円です!!」と言われて、まず千円をトレイに置きますが、そっからが長い(泣)。

    財布をパッと見れば、476円分の硬貨が有るのか無いのかわかるでしょ。

    無いのなら、千円札をもう一枚出すか、そこに見えてる500円玉を出しなさいな。

    それを、人差し指でグチャグチャグチャグチャ小銭入れをかき混ぜて、何をしてるのかと思えば100円玉を4枚取り出そうとしてるんですね。で、トレイに置きました。

    次は10円玉ですが、これが6枚しか無いのよね。

    で、460円をトレイから財布に戻し、千円をもう一枚出すのです。

    最初っからそうしろよ!!

    やれやれ、やっと終わったかと思えば、今度は端数の6円を出そうとするのですよ。

    で、一円玉を選び出したところ、これまた不幸なことに5枚しか無い。

    また、一円玉を一枚ずつ財布に戻し、

    「はい、これでいいです。」

    良くないっちゅうの!!


    硬貨で財布が重くなるのがイヤなのなら、私がアドバイスしましょう。


    取りうる方法は3つあります。

    (1)私の方法

    右手の人差し指と親指でサンエーカードを持ちます。残る三本の指と手のひらで99円を握ります。待ってる時間で余裕で準備できます。

    (2)両替方法

    支払いは千円単位と決めます。そして、硬貨千円分をビニール袋にいれておきます。千円を小銭に両替せよと言えば断られますが、逆なら、喜んでやってくれます。財布は軽くなるでしょ。

    (3)小銭ぶちまけ方法

    沖縄のオバァの技です。小銭入れの硬貨の全部をトレイにぶちまけます。

    レジの女性が、チャッチャッと必要な硬貨を抜きます。

    残った硬貨をわしづかみにして、小銭入れに戻します。

    仕事が早い!!


    だけど(3)の方法はプライドが許さないのよね。わかります。

    だけど、モタモタしてるより、よほどスマートだと思いますよ。


    「サンエーカードお持ちですか?」

    「あっ、持ってるわ。ちょっと待って。あ〜、忘れたわ。」

    「領収書にハンコ押しときますね。」

    「あっ、あったあった。」


    もう、小さな殺意さえおぼえますよ。私は。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM