<< シュークリームに手応えアリ | main | 海洋食堂のおばちゃんが元気だ >>

名護漁協が辺野古埋め立てに同意した

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    昨日、政府が沖縄県知事に対して、辺野古沿岸の埋め立てを申請しましたが、それに先立ち、名護漁協が埋め立てに同意することを決めました。

    名護漁協は「同意するかしないかは、補償金次第」と公言していましたから、同意したってことは、政府との間で、金額の折り合いがついたのでしょう。

    漁協は海の魚を獲る権利を持っているだけですから、埋め立ての影響を受けるワンオブゼムに過ぎません。

    沖縄県議会を始めとし、沖縄本島の市町村議会の全てが、辺野古への基地移設反対を議決した中、政府としては、誰であれ、埋め立てに合意してくれる組織が欲しかったんでしょうね。お金で合意が得られるのですから、こんな楽な交渉はありません。


    沖縄には、「金は一年、土地は万年」という言葉があります。

    昭和30年に宜野湾の伊佐浜集落で、米軍基地の拡張に伴う土地の強制接収がありました。その時、米軍の銃剣とブルドーザーに立ち向かった農民のスローガンです。

    名護漁協には、そのような考えは無かったってことです。


    ところで、問題の本質からはズレるかもしれませんが、私には、気になる点があります。

    埋め立てに同意したのは辺野古漁協ではなく、名護漁協です。太平洋を漁場にする漁師がいれば、東シナ海を漁場とする漁師もいます。にもかかわらず、議決権を持つ漁師90人のうち、なんと88人が埋め立てに合意したのです。

    つまり、辺野古沿岸を漁場としない漁師まで、埋め立てに合意したってことです。それは補償金が廻ってくるからなんでしょう。


    さて、名護近隣の、宜野座、金武、石川の各漁協は、辺野古の埋め立てに反対しています。漁への影響があるとのことだそうです。

    名護の漁師が漁場より補償金を優先させ、近隣の漁師が真逆の決定をするものなんでしょうか。

    結局、埋め立てに反対することで、補償金の「おこぼれ」に期待してるってことですか?

    この記事の論旨に矛盾が無ければ、そうだってことになります。


    つまり、「金は一年、土地は万年」と考えたウチナーンチュとはまったく異なる人種が、沖縄に住んでいるってことです。

    もちろん、そうは考えたくありません。だけど、そうなりますね。


    コメント
    極めて少数ですが、全国で沖縄県民の代名詞的に語られる「軍用地を持ち、働かなくても生きていける人間」は沖縄に確かにいます。
     自分の親戚にもいませんし、一度も会ったことがないほど少数ですが。

     残念ながらお金欲しさに動いている人も恐らくいるのですが、メディアを通すと沖縄県民全てがそんな人に映ってしまうのが悲しいです。

     実際はほとんどの人にとって関係が無いところで動いていることで、沖縄県民だからって働かなくて生きていけることもなければ、米軍基地があっても無くても生活は変わらないのですが。
    • ahaha
    • 2013/03/23 8:54 PM
    名護漁協は基地との共存共栄を選択したのですが、これに追従する動きが出てくるようだと、沖縄の基地問題は、決着してしまいますね。

    何だか、一線を越えてしまった気がしてきます。
    • coralway
    • 2013/03/23 9:04 PM
    本件、ニュースで見ましたが、名護漁協の対応は非常に奇異に感じました。近隣漁協は一枚岩だと思ってましたから。
    仕事で沖縄高専(辺野古在)へ毎年行きますが、あの辺りの美しい自然が損なわれる動きは純粋に残念です。
    • deer
    • 2013/03/23 11:02 PM
    結局はお金なんでしょ、と思われてしまうと、基地反対も自然保護も、説得力が無くなりますよね。

    名護漁協には言葉を失いますよ。まったく。


    • coralway
    • 2013/03/23 11:08 PM
    名護漁港の決定は、基地問題にとって後々大きなターニングポイントになりそうな気がします。

    沖縄住人でない私が基地問題に口をはさむことは極力さけていますが、沖縄が大好きな私、時々脱力感におそわれることがあります。
    • emi-sen
    • 2013/03/24 10:21 AM
    おっしゃる通りだと思います。
    • coralway
    • 2013/03/24 12:45 PM
    emi-sen さんと同じで私も本土の山奥に住む者としてあまり当事者的な物言いをしてはいけないと思ってますが、今回の漁協の埋め立て同意と埋め立て申請については苦々しい気持ちでいっぱいです。
    辺野古問題は今年が正念場という気がしますね。
    辺野古移設に反対し沖縄から基地をなくしたいと思っている大多数の沖縄のみなさんを応援しています。
    • 山の波人
    • 2013/03/26 9:31 AM
    来年1月の名護市長選挙の後、仲井真知事は埋め立て許可の可否を決めるものと思います。

    全市町村の議会が県内移設反対の立場なのに、このハラハラ感は何なんでしょうね。まったく。
    • coralway
    • 2013/03/26 11:42 AM

    ちゃんと、勉強をして、語った方が良いとおもいますよ!
     漁師は、漁の種類や時期によって、
    東側や、西側の海を行き来しています。
     それと、辺野古漁協って、何処に存在するのですか?聞いたこともありません!
    • 元沖縄人
    • 2014/03/03 3:40 PM
    元沖縄人さん

    わたしの記事の一部をそのまま、以下に抜粋します。

    ***(ここから)

    ところで、問題の本質からはズレるかもしれませんが、私には、気になる点があります。

    埋め立てに同意したのは辺野古漁協ではなく、名護漁協です。太平洋を漁場にする漁師がいれば、東シナ海を漁場とする漁師もいます。にもかかわらず、議決権を持つ漁師90人のうち、なんと88人が埋め立てに合意したのです。

    つまり、辺野古沿岸を漁場としない漁師まで、埋め立てに合意したってことです。それは補償金が廻ってくるからなんでしょう。

    ***(ここまで)


    抜粋部分の冒頭で、私はわざわざ「問題の本質からはズレるかもしれませんが」と言ってます。

    つまり、抜粋した部分が有ろうが無かろうが、私の記事の趣旨には、全く影響しません。

    貴方は、その部分に反発されているわけですが、それを「揚げ足取り」と呼びます。


    次に、辺野古漁協など無いとする指摘も、的が外れてますね。貴方に理解できるように書くなら、

    「(辺野古漁協なる組織は存在しません。つまり、)埋め立てに同意したのは辺野古漁協ではなく、名護漁協です。」

    と書くべきでした。まあ、しかし、普通の読解力のある人ならば、()の部分は、言うまでもなく理解できるんですよ。


    更に、貴方のコメントにある「漁師は、漁の種類や時期によって、東側や、西側の海を行き来しています。」は、沿岸部ではなく、沖合の漁のことを言ってます。

    名護の西海岸の漁師が、わざわざヤンバルを迂回して、辺野古沿岸部で漁をしますか?


    私の不勉強を指摘する前に、議論の技術を学び、読解力を身に付けなさいと、アドバイスしておきます。


    おまけですが、「元沖縄人」などという概念は成立しませんよ。その理由は自分で考えてみなさいね。
    • coralway
    • 2014/03/03 11:22 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM