<< ゴボウ屋ぁへ行くのを忘れてた | main | 南風原町兼城の村獅子 >>

梅崎晴光著「消えた琉球競馬」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    去年の暮れ、おもろさんに勧められたこの本。

    梅崎晴光著「消えた琉球競馬」

    20130425014310_0.jpg

    遅くなりましたが、読了しました。


    琉球競馬は馬の速さを競うのではなく、走る姿の美しさを競うものでした。つまり、競馬よりも乗馬、スピードスケートよりもフィギュアスケートに近い競技だったようです。

    戦前までは、沖縄全域に約200ヶ所の馬場がありました。これは主な集落ごとにあると言ってよい数です。

    何故、それほどまでに琉球競馬は庶民に受け入れられたのか。何故、速さではなく、走る姿の美しさを競ったのか。それが何故、廃れてしまったのか。

    その理由はいずれも、この本で明らかにされています。それは、偶然ではなく必然。当時の沖縄の暮らしに深く関係したものでした。


    琉球競馬は、その記録がほとんど残っていない上に、観戦経験のある世代は、既に年老いています。梅崎氏は、この本の出版が、琉球競馬を記録に残す最後のチャンスと考えていました。

    沖縄各地の馬場跡を訪ね、根気強く取材を続けた梅崎氏の取り組みは、史実の発掘を自らの使命と考えた、氏ならではのものでした。歴史を歪曲しても、ともかく本が売れれば良いとする風潮が蔓延る中、この本は「良心の本」と言えます。

    幻の名馬「ヒコーキ」を追いかける梅崎氏の取材ノートを通じて、私は、戦前の沖縄の暮らしを知ることができました。これまで疑問に思っていたことが、いくつも解決しました。


    その一例を挙げます。琉球競馬が廃れた理由の一つは、大型軍用馬の重用と、小型琉球馬の去勢にありました。主役の馬がいなくては、競馬になりません。

    脚が長く重心の高い軍用馬は、石畳道が苦手だったようです。そのため、日本軍は、主要な石畳道をコーラルの砂利道に置き換えたようです。それが、沖縄に長い石畳道が残っていない理由の一つなんですね。


    この本(特に前半)を読んで、それを退屈に感じる人がいるとすれば、それは沖縄に対する愛情が不足していますよ。もう少し、謙虚に歴史を学ぶ姿勢を持ちなさい。と言いたい(笑)。


    良質の本を提供いただいた梅崎晴光氏と、その本を紹介いただいたおもろさんに、感謝いたします。

    ありがとうございました。


    コメント
    「良心の本」…

    まさに言い得て妙な表現だと思います。

    検証は途方もなく地道な、時として不毛と思うことすらある作業。
    梅崎氏の精力的な取材活動と使命感に感銘しました。

    私は何度も読み返していて、だいぶ傷んできたので2代目(2冊目)の購入を考えています。

    coralwayさんにとって有益な一冊となったのであれば、嬉しいです。
    • おもろ
    • 2013/04/26 10:42 AM
    何度も読み返す気持ち、わかります。
    私は、ヒコーキにたどり着くまで、もう少し時間がかかれば良いのに(本のボリュームが増えるって意味)と思いながら読みましたよ。
    • coralway
    • 2013/04/26 11:58 AM
     梅崎と申します。「消えた琉球競馬」を読了いただき、ありがとうございました。小難しく、分かりづらい記述が多々あったでしょう。にもかかわらず、過分なご評価までいただき、感激しております。この本を推薦してくれた、おもろさんにも大変感謝しております。
    • 梅崎 晴光
    • 2013/04/26 6:22 PM
    梅崎さん、コメントをいただきありがとうございました。

    先日、沖縄市のこどもの国で琉球競馬が復活しましたね。なんとか定期開催できないものかと思います。

    そして、仲原馬場跡などで、競馬が開催されれば、なお良いですねぇ。
    • coralway
    • 2013/04/26 7:03 PM
    さっそく梅田のチャスカで探してみます。興味深い作品ですね〜(^O^)
    • deer
    • 2013/04/26 11:03 PM
     coralway様。琉球競馬は来年も開催する方向で沖縄こどもの国さんが働きかけをしてくれています。同じ沖縄市内の知花弁当馬場跡での競馬も視野に入れています。また、今帰仁村では仲原馬場での開催を希望する声も上がっています。琉球競馬を通じて、武よりも美を重んじた琉球の精神文化をとらえ直すことが出来れば、と思っています。
     deer様。本の取次システムの問題から、拙著を含めた沖縄県産本はヤマトの書店にほとんど在庫がありません。大阪市内ではジュンク堂の梅田店と難波店に置いてありますが、他の書店の在庫状況はちょっと分かりません。
    • 梅崎 晴光
    • 2013/04/27 10:40 AM
    知花と仲原ですか。これは楽しみです。

    目標があると、騎手や馬の技量が上がりますからね。
    • coralway
    • 2013/04/27 4:18 PM
    梅崎様 コメ有り難うございます。チャスカは梅田にあるジュンク堂&丸善連合の本屋さんなんですわ〜(^O^)。なので沖縄本イッパイ置いてあります。
    • deer
    • 2013/04/28 7:55 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM