<< 映画「涙そうそう」 | main | 泊港の風景(7) 泊散策道 >>

泊港の風景(6) 歌劇「泊阿嘉」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    泊阿嘉(とぅまいあーかー)は、代表的琉球歌劇の一つで、作者は我如古弥栄(がねこやえい:1881-1943)。1910年が初演です。

    20130506125726_0.jpg

    3月3日浜下りの日、若狭の赤津浦浜(アカチラハマ)で、久茂地の樽金(タルガニー)と泊の思鶴(ウミチル)が出会います。そして、思鶴に一目惚れした樽金は泊高橋に通い詰め、99日目にその恋は成就しました。

    ところが、樽金家と思鶴家は敵対関係にあり、樽金の父親は、二人を引き離すために、樽金を伊平屋島の仕事に就けてしまいます。

    悲しみにくれる思鶴は病に伏し、とうとう命を落としてしまいました。そして、伊平屋島から那覇に戻った樽金は思鶴の死を知り、思鶴の墓前で自ら命を断つのでした。

    つまり、「ロミオとジュリエット」なのであります。


    「ロミオとジュリエット」の日本初演がいつだか知りませんが、「泊阿嘉」より後でしょうね。

    日本が鎖国を続けていた頃、琉球は大交易時代を迎えていました。「ロミオとジュリエット」を知ったのは、日本人より、琉球人のほうが早かったかもしれません。


    コメント
    ロミオとジュリエットは実話を元に
    かなり脚色されたシエイクスピアの物語り
    ですよね。
    泊阿嘉も実話ですか。
    すみません。教えて下さい。

    コーラルウェイさんは
    昔 那覇劇場があり、そこで 色々な劇が
    見られたのは ご存知ですか。

     
    • マリン
    • 2013/05/06 10:43 PM
    泊阿嘉のモデルになった実話があったようです。それがどのような話なのかは知りません。

    那覇劇場は、神里原近くにあった劇場ですね。劇場があったことを知ってるだけです。

    http://coralway.jugem.jp/?eid=2200
    • coralway
    • 2013/05/06 11:19 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM