<< これ、取って行きなさい | main | 悲しい色やね >>

奥山に咲きゆる 伊集の花心

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    梅雨入り間近の沖縄で、伊集(イジュ)の花が開花期を迎えています。

    20130513175545_0.jpg

    伊集は奄美、沖縄に分布する高木で、沖縄本島ではヤンバルの山中に広く繁殖しています。清楚な白い花が、森の緑によく映えます。


    琉歌では次のように歌われています。

    「伊集の木の花や、あんきょらさ咲きゆり、わぬも伊集やとて、真白咲かな」(イジュの花があんなにも綺麗に咲いている。私もあのように真っ白に咲きたい。)

    また、琉球歌劇「泊阿嘉」でも、思鶴が遺した「つらね(遺言状)」の冒頭に、「奥山に咲きゆる 伊集の花心」とありました。


    沖縄で、女性を伊集の花に例えることは、最高の褒め言葉になるのかもしれません。

    本土で、伊集に相当する花はなんでしょうね。


    コメント
    立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

    ですかね〜

    わたしは山にさいてるしゃくなげを見ると
    楚々とした、凛とした
    coralwayさんとこのお嬢さんみたいな人が
    思い浮かびますね〜
    • ikoka
    • 2013/05/14 12:29 PM
    へっ!?

    うちの娘ですかい?

    しゃくなげねぇ(笑)
    • coralway
    • 2013/05/14 12:33 PM
    えへへ、今日、まとめて見て来ました。

    まず、「泊阿嘉」やはり、思っていた通り素敵でしたね。
    碑の、高さ、形、角度、素晴らしいです。

    「伊集」は読谷村、やちむん「知花 實」さんの個人窯で
    知花のお母さんが、琉歌を読んでくれました。

    花の形は、いろいろあるそうで、やはり女性には、特別の
    花だそうです。

    そうそう、「クロイワニィニィ」と云う蝉が鳴いていました。

    最後に、Cさんの、シーサーコレクションの仲間入りをお願いしたいのが「百名之獅子」です、偶然見つけました、
    石製の獅子、味わい深いです。


    • ひよこ
    • 2013/05/15 4:25 PM
    えへへ、行ってくれましたか。

    泊阿嘉の樽金を、佐辺良和が演じていますが、まさにハマり役だと思います。と、佐辺のお母さんが、「えっ、そう思うの?そう思ってくれたの?私もまったく同じ。へ〜、そう思うの。ありがとう。」と、大喜びでした。

    百名って、南城市の百名でしょ。相変わらず、ワープしてますねぇ(笑)
    • coralway
    • 2013/05/15 5:05 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM