<< 糸満市与座の与座ガー | main | 沖縄タワー? >>

沖縄のエノキ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    豊見城市高安で見かけたエノキ(榎)です。

    本土のエノキとはやや種類が違い、名前はクワノハエノキ(別名リュウキュウエノキ)。ウチナーグチではビンギです。



    昔は、本土でも沖縄でも、街道の一里塚にエノキが植えられていたようです。傘が大きくなるので、遠くからでも良く見えて、確かに好都合です。



    樹齢を重ねると、一本のエノキが林のような傘をつくり、その下には広い木陰ができます。

    榎の字は木ヘンに夏と書きますが、エノキは沖縄向きの樹木と言えるかもしれません。

    高安のエノキは樹齢100年程だと思います。南城市の百名には樹齢200年のエノキがいるそうなので、近々見てきます。

    樹齢200年なら、一里塚の目印に使われていたエノキかもしれません。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM