<< 沖縄のクバオージ(扇) | main | 中高生による沖縄版ミュージカル(1) >>

豊見城市根差部の散歩

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    私の住んでいる那覇市国場から、真玉橋を南に渡ると、豊見城市真玉橋。その南が豊見城市根差部です。ねさぶと読みます。

    古くからの集落を散歩すれば、何かがあります。

    さて、これは何でしょう。



    シュールです。

    鷲でしょうか?

    鷲が飛んでいると言うより、ハリツケにされてるようにも見えますが、大丈夫でしょうか。

    近づいてみましょう。



    右の翼に「本土」。左の翼に「復帰」。正面に「紀念」。

    つまり、本土復帰紀念のモニュメントですね。記念を紀念としているのが中華な感じです。


    次に根差部の村獅子。



    果ててしまったか、イってしまってるかのように見えますが、大丈夫でしょうか。

    多くの村獅子が南の火山(ヒーザン)を向く中、この獅子は北西を向いています。


    そこで思い出すのがこいつです。根差部の北にある真玉橋集落で、真西に睨みをきかせているイリノシーサー。



    この村獅子は怪獣ガーナ、つまりガーナ森へのケーシ(返し)が役目です。

    そして、真玉橋集落の南にある根差部集落の村獅子は北西を向き、同じようにガーナ森へのケーシをしているのですね。


    さて、今日のガーナ森です。



    怪獣ガーナを封じ込めているのは、真玉橋のイリノシーサーだけかと思っていたら、根差部の村獅子もいたんですね。心強いかぎりです。

    怪獣ガーナは、当分、目覚めることは無いでしょう。

    いや、良かった、良かった。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて11年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM