<< 同じ日に、”オバQおばさん”と”おはようおじさん”に会った | main | シスコーンの特売 >>

シスコーンを安く買うには

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    某青果店は、青果物を中央卸売市場で、肉、魚、乾物、缶詰め、加工食品などを農連市場で仕入れます。

    農連市場の周辺には、フランスパンのル・ジョンヌ、沖縄そばの照喜名製麺所、厨房用品のみつわ産業などが程よく配置されており、大変便利です。

    また、公設市場の界隈で、きんぴらゴボウ、魚のすり身、卵、バターなどを仕入れます。


    これで何でも揃うかと言えば、そんなことはなく、某青果店の扱う商品のせいぜい6割程度に過ぎません。

    例えば、日本蕎麦。一昨年までは照喜名製麺所で製麺していたそうですが、これがクソマズかったらしく、昨年から販売中止となりました。沖縄そば、ラーメン、焼きそば、うどんは大好評なのに、不思議ですねぇ。

    で、日本蕎麦の仕入れ先は、西原町のオキコです。オキコってパン屋です。

    照喜名!!パン屋に負けてどうすんねん!!


    え〜、やっとシスコーンの話に移ります。



    スーパーで買うと一箱230〜240円でしょうか。それがドラッグストアでは198円となり、小禄のD薬局では最初の2箱が178円で、3箱目からが198円です。スーパーなどの特売を除けば、おそらくこれが那覇の最安値でしょう。


    ところがです。ある日、D薬局でシスコーン10箱を買うと1780円でした。つまり、すべてが178円。240円に比べて62円も安く、10箱で620円もお得です。

    でも、その次に買った時は、2箱が178円で、残りは198円でした。

    何故??

    答えは簡単。レジ係の中に、178円で売ってしまう女の子がいるんです。

    そのことに気付いて以降、どんなに混んでいようが、私は彼女のレジに並びます。そして連戦連勝中です。


    店長「何度言えばわかるんだ。178円で売って良いのは2箱だけだろ。」

    女の子「すいませ〜ん。明日からは気を付けま〜す。」

    と言いつつ、明日もまた、彼女は178円で売ってしまうのでした。


    さて、彼女は今日も間違えてしまうのか。彼女が間違えるまでの緊張感がたまりません。「1780円です。」と言われた時の快感!!

    もう、やめられませんよ、これは。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM