<< 末吉宮再訪(3) | main | 腐りナイチャー >>

末吉宮再訪(4)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    さらに参道を進み、



    末吉宮に到着しました。私は、「あの石橋」の向こう側に立っています。








    末吉宮の建立は1450年〜1457年。琉球王は尚泰久でした。そして、護佐丸・阿麻和利の乱が1458年。その頃ヤマトは室町時代です。


    首里の北方に深い森があり、その森の奥には切り立った巨岩がありました。

    人々はその場所を霊地として崇め、そこに末吉宮を建立したわけです。末吉宮は単なる祠にすぎず、信仰の対象は昔も今も、末吉の森です。

    組踊「執心鐘入」の舞台となった遍照寺は末吉の森にありました。玉城朝薫が「鬼の出る場所」として末吉の森を選んだことは必然と言えます。他の場所を検討することはなかったのではないかとさえ思えます。




    石橋の向こう側には、森がありました。

    末吉宮を訪ねることがあれば、是非、森を感じていただきたい。つまり、森に囲まれて、森に見られている感覚。



    そして、私がうまく表現できていないことを、お知らせいただければたいへんありがたく思います。

    (終わり)


    コメント
    末吉宮のこと 初めて知りました。
    心落ち着く社とか、力漲る社とかは訪ねたこと
    ありますが、いかにも気の高そうな独特の雰囲気
    が、伝わります。
    怖がりなので、初詣で行けたとしても
    「宝くじ あたりたいです。」なんて願い事
    したら、ジャングルのような森から鬼が出てきて
    蹴飛ばされそうなオーラあります。(笑)
    • 悠々
    • 2014/02/09 11:22 AM
    末吉に有名なそば屋がありますから、そこへ向かう途中で、末吉の森や末吉宮を遠望すれば怖くありません(笑)

    築150年の古民家で、美味しいすばをどうぞ。

    http://coralway.jugem.jp/?eid=823
    • coralway
    • 2014/02/09 11:42 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM