<< スナックMIKANの「傘男」 | main | ハンドルカバーの不思議 >>

猫の育児放棄か?(1)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    今日の午後。ある保育園でのこと。

    調理の皆さんが、厨房を出て何やら相談しています。

    調「あっ、Cさんが来た。ねぇ、猫飼わない?。」

    C「飼いませんよ。でも、何で?。」

    と見ると、



    生後間も無い子猫が四匹。ゴソゴソ動いていました。

    調「可愛いから、飼えばいいのに。」

    C「可愛いからって飼ってたら、お家が猫だらけになりますよ。で、どうしてこんなことに?。」

    調「親猫が園内で産んで、どっかへ行っちゃたのよ。」

    C「育児放棄か。」

    経済的な問題なのか、オトコに走ったのか。猫の世界にも、困った親がいるもんです。


    しばらく、あーでもない、こーでもないと、猫を見ていると、



    猫の兄弟にも個性があるようで、後ろの二匹は悲しい境遇を慰め合い、手前の二匹は箱の外へ出たらどうなるかを考えていますね。


    猫を相手に「はい、トイレはここで、寝床はこっち。」などと、しつけのできる人は立派です。

    どうやって言い聞かせるのか不思議でしたが、次の保育園への移動中、チラッと考えてみました。

    結局、猫は気持ち良いトイレと寝心地の良い寝床が欲しいのですよ。

    何も、ここでオシッコしなさいとか、ここで寝なさいとか言わなくても、猫が気に入るようなトイレや寝床を用意すれば、猫はそれを使うわけです。

    つまり、猫の気持ちが分かる人でないと、猫は飼えないってこと。

    「あ〜ら、タマちゃんったらお利口さんね。ちゃんとトイレを使えるようになったのね。」

    と飼い主が喜んでも、そんなもの貴方、猫に言わせれば、

    「やれやれ、長いことかかったけど、やっとこいつ(飼い主)も分かってきたようやな。」

    ってことでしょ。しつけられたのはどっちなんだか。

    「あ〜、無理無理。やめとこ。」

    と、チラッと「飼ってミルカ。」と思った自分を、私は自ら戒めたのでありました。


    進展があれば、また。



    コメント
    子猫は可愛くて
    観る人が飼いたく
    なるような
    オーラを出しています

    でも飼うからには
    最後まで面倒みて
    あげないと行けません

    我が家はジイジがいた頃
    犬と猫両方を
    飼っていて全て
    ジイジが
    お世話していました

    今ではばあばの介護が
    大変で動物を飼う
    余裕がないので
    飼いたいけど
    しばらくお預けです(^-^)
    本当は犬も猫も鳥も
    大好きですゞ

    誰か飼い主さんが
    見つかるといいですね♪


    • niko-oguri
    • 2014/04/09 9:19 PM
    nikoさん

    保育園には園児の父兄が集まりますから、引き取ってくれる人が現れるかもしれませんね。

    子猫は可愛いけど、育てるのは大変そうです。
    • coralway
    • 2014/04/09 10:25 PM
    ネコをきらしたことはありません。いまは黒くて四肢の先が白い女の子のネコがいます。
    ネコのシェルター出身です。
    捨てネコを見ると胸を掻きむしられる思いだけど、それに従っていたらうちはネコで埋まってしまいます。
    • すばる
    • 2014/04/09 11:03 PM
    すばるさん

    農連市場は猫の巣窟で、あれだけの数の猫がいったい何を食べてるのか不思議です。

    子猫の生存率は高くないと思いますが、一方で、猫が減ったという話も聞きません。結局、環境に見合った数の猫が生き残っているわけですね。

    つまり、ある程度の子猫が淘汰されないと、市場の猫が生き残れないって理屈です。

    親とはぐれた子猫は哀れですが、そのように考えて、知らん顔をするしかありません。
    • coralway
    • 2014/04/09 11:43 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM