<< 上間青年会エイサー | main | ちょっと、何してんのよ >>

上間のクワディーサバンタ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    首里城の南側、金城町石畳道を下ると安里川。そこから南に登る坂道が識名坂(シチナンダビラ)です。

    識名坂は識名台地の北端にあたり、台地の上には北から順に、繁多川、識名、上間と3つの集落があります。上間集落は識名台地の南端にあたり、南に急坂を下ると国場川に出ます。


    その上間集落の南端がクワディーサバンタ。バンタは端っこ。つまり、崖を意味します。

    今日は、その崖の上からの眺めを紹介しましょう。

    まず、南東方向。南風原町津嘉山の市街地。その向こうは南城市です。



    次に南西方向。嘉数の丘の向こうは糸満市です。



    クワディーサバンタは広い公園(上間中央公園)になっています。





    かつて、この広場の真ん中にクワディーサの大木があったことが名前の由来です。ここは上間集落の集いの場。南向きの眺望が広がる、素晴らしい場所です。標高は72メートルあります。


    ある日、那覇市のお役人がやって来て、ここを那覇市の公園にしてはどうかと言ったそうです。そうすれば管理費用を市が支出できるのでお得ですと。

    上間自治会は丁重にお断りしたそうです。

    「自分たちが造った公園やのに、使うたびに市に申請せなあかんやなんて、そんなあほな。」

    ってことだそうです(笑)。

    いい話ですねぇ。


    コメント
    なーふぁの自治会の中でも
    上間、国場の自治会はジンムチ、資産持ちのうぇーきんちゅ自治会だはず。
    所でCさん、
    上間から国場にかけて、南に面するフチバンタは、防空壕や高射砲壕が多数存在したそうです。
    「血と水の一滴」の様な出来事が、
    再び起こらない世にしなければならないと思う今日この頃。

    • へそまがり
    • 2014/08/11 11:41 PM
    へそまがりさん

    上間も国場も自治会が経営している賃貸マンションがあったり、確かにリッチですね。上間中央公園の造築費用もかなりの額だったそうです。

    国場の高射砲部隊はどの場所にいたんでしょう。国場のS字カーブの上に、国場自治会の公園がありますが、あのあたりですかね。
    • coralway
    • 2014/08/12 9:31 AM
    その公園の地下が、高射砲陣地だったそうです。
    弾薬や食料の運び込みや攻撃された時の退避路として、
    丘の四方向から壕が掘られ、壕内部はつながっていたとのことでした。

    • へそまがり
    • 2014/08/12 2:27 PM
    へそまがりさん

    なるほど。あそこは壕を掘るには適地ですよね。

    上間公民館の裏にある防空壕(シチャーラガマ)はずっと西の光明寺のあたりに抜けているそうです。後に、ガマの中に小さな横穴が見つかったので子豚を放すしてみると、上間の東側の崖からブヒブヒ声がしたそうです(笑)。
    • coralway
    • 2014/08/12 2:43 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM