<< 首里から与那原への道(御殿から赤田御待所) | main | 首里から与那原への道(下原橋から大名ヒージャーガー) >>

首里から与那原への道(赤田御待所から下原橋)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    さて、首里の外れの赤田御待所を出発した大君一行は、どの方向へ向かったのか。

    地図を見ましょう。大角座歩道橋から南風原に向かう市道(鳥堀南線)がありますが、琉球王朝の時代には無かった道です。

    再度、地図を睨みつけると古道が見えてきますね。次の目標にピンをうちました。



    県道82号線で分断されていますが、県道を消してしまえば、古道が南東へ繋がっていることがわかります。


    大角座歩道橋と、



    歩道橋上からの景色です。



    写真左奥に知念の山がチラッと見えます。御新下りの一行はあの山の向こうにある斎場御嶽を目指したのです。

    写真右端のカーブを曲がると、那覇インター入口。ちょうどそのカーブのあたりに、南風原へ下りる古道があります。その急坂を下ると川があり、そこには小さな石橋が架かっています。(地図上のピン)

    その石橋は下原橋(シチャーラバシ)。那覇市内では少なくなりましたが、現存する琉球王朝時代の石橋です。



    首里の古地図には、このように。



    石橋の下を流れる川は安里川で、下流には金城ダムがあります。

    下原橋までが首里赤田町。橋を渡ると南風原町です。橋を渡るだけでは石橋だということには気付きませんね。



    当時の幹線道路ですが、今は交通量が少なく、道路を拡張する必要が無いので、石橋が生き残りました。

    (続く)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM