<< 「ふざけんなっ!!」の話 | main | 二人の大臣の行く末 >>

今日は沖縄そばの日

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    今日は沖縄そばの日。

    沖縄そばの原料は小麦粉です。蕎麦粉は使いません。

    かつて、公正取引委員会から「蕎麦粉を使わない麺を『そば』と呼ぶのはいかがなものか。」と難癖を、ではなくて、真っ当な指摘を受け、沖縄そばは名称変更の危機を迎えました。

    それから始まった長い交渉を経て、「沖縄そば」として認められたのが1978年10月17日だったのです。

    そして今や、沖縄そばは、札幌ラーメン、信州そば、名古屋きしめん、さぬきうどんなどと並ぶ地方特産麺として、不動の地位を得ているわけです。


    今日の昼食は、どこの保育園も沖縄そば。今朝の私は、全ての仕入先に注文を出し終え、「どっからでも来い」状態でした。

    と、思ったら丸カマボコが4本足りません。

    「アッチャー!!」

    後から追加注文のあった4本が漏れてたんです。

    このままでは、園児にカマボコが入っていないそばを食べさせることになってしまいます。




    農連市場のトモコ蒲鉾店に急行し、あと4本、なんとかしてもらおうとしましたが、既に売り切れ。一本もありませんでした。


    トモコ「にぃにぃ、裏の蒲鉾屋で買えるだけ買ってきて。はい、5千円。」

    C「はぁ?。4本だけど。」

    ト「残りは、ウチが売るから。」

    C「あっちのほうが高いだろ。なんでそんな。」

    ト「いいから、買って来て。」


    私に「売り切れたから、裏の蒲鉾屋で買いなさい。」と言えば終わりの話です。

    それを、目の前で困ってるにぃにぃを「なんとかしたろ。」と、ライバル店から高いカマボコを仕入れ、いつもの値段で売ろうとしているのです。

    加えて、私の後から来る客に、売り切れと言いたくないから、余計に仕入れておこうと。

    これでは、売れば売るほど損をしてしまいます。


    予想できたことですが、裏の蒲鉾屋も売り切れ。いや、困りました。

    C「トモコさん、今朝は何処に卸した?。」

    ト「近いところなら、O青果店だね。沢山買ってもらったよ。」

    C「O青果店か。八百屋のくせに、今日は蒲鉾を売るんだな。まあ、ウチも八百屋だけど(笑)。」

    ト「あそこは9時からだよ。配達に間に合うの?。」

    C「何時に出した?。」

    ト「これからさ。7時にウチのにぃにぃが届けるからね。」

    C「まだか。よっしゃ、何とかなるな。」


    私は某青果店に戻り、

    C「おい、Aさん。」

    A「なんね。」

    C「Aさん、ウチへ来る前はO青果店だったよな。」

    A「そうらけど。」

    C「7時にO青果店に行ってくれ。」

    A「7時なんて、まだ開いてないけろ。」

    C「え〜から行って。トモコさんとこのにぃにぃが蒲鉾を7時に納品するから、そこから丸カマボコを4本買ってきて。」

    A「いいけろ、なんだか面倒なことしてるね。」


    さて、相棒のAが、O青果店から帰ってきた7時5分。バイクの荷台には、丸カマボコ4本が載っていました。

    私「よっし!!」

    お父さん「ほぉ、分けてもらえたか。」

    お母さん「よかったさ。」

    三人が順にAを褒めました。

    A「カマボコ買ってきて、こんなに褒められたのは初めてらね。フォッ、フォッ、フォ。」


    私は再びトモコ蒲鉾店に急行し、丸カマボコが手に入ったことを報告しました。

    ト「よかったさ。わざわざ言いに来てくれてありがとうね。差額は値引きするからね。また、アチャーね。」

    O青果店と自分の店の価格の差分を、明日の私の仕入れ値から値引くと言うんです。

    ホトケのようなオバぁじゃないですか。


    農連市場の取材に来た女性レポーターに「どうせ買わんでしょ。」と言い、領収書を求める客に「ウチは出さんよ。どうしてもいるなら、出すところで買いなさい。」と言い放ったオバぁです。

    かと思えば、ついこの間、お釣りを渡した渡さんでモメた末、某青果店の長女と涙の抱擁をしたばかり。

    なんでそんな、起伏の激しい商売をするのか。


    今日、その真意が分かった気がしました。


    コメント
    農連市場の住民は、良い仕事をしますね〜。

    Cさんのジンブンは、まるでキャベツのようだ!
    (たまなーぬぐと じんぶん が まちくどーん)

    Aさんもユーチバイしたし、

    トモコ蒲鉾さん、
     ニチン ヤチン カマラン ハンシーみたいだけど 
    ほんとは、とても心の優しい鬼ババですか?

          
    • へそまがり
    • 2014/10/18 12:47 AM
    へそまがりさん

    >ニチン ヤチン カマラン ハンシーみたいだけど 
    ほんとは、とても心の優しい鬼ババですか?

    ほんと、その通り。気持ちが通じているか、いないかで、応対がまったく違うんですよ。

    それから、状況が今ひとつ掴めていないAですが、何で自分が買いに行かされたのかはもとより、何でカマボコを八百屋で買うのか、不思議そうにしていました(笑)。
    • coralway
    • 2014/10/18 8:04 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM