<< 今日は沖縄そばの日 | main | ウチワの効果はあるのか? >>

二人の大臣の行く末

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    小渕優子経産相と松島みどり法務相がえらいことになってます。

    疑義の内容を考えると、小渕さんの辞任は必至。松島さんは、随分みっともないことになっていますが、辞任には至らないかもしれません。


    まったく勝手な予想ですが、小渕さんは、大臣だけでなく議員を辞めることになったとしても、次の選挙で復活し、いずれ、大臣に就任することがある気がします。

    一方の松島さんは、大臣も議員も辞めずに済むかもしれませんが、次の選挙での当選はかなり厳しいのではないでしょうか。


    なんで、そんな気がするんでしょう。

    小渕さんは「知らなかったでは、済まされない。」とか、「それが事実なら、法律に引っかかる。」などと、普通の政治家が口にしないような応答をしました。それで免責されるものではありませんが、その姿に、清々しさを感じてしまいます。




    松島さんは、うちわを「うちわではない
    。」と言い、それが苦しくなると「うちわだが、有価物ではない。」などと、普通の政治家らしく、見苦しい答弁を続けています。

    メディアが選んだ松島さんの写真は悪人ヅラ。



    言ってしまえば「見た目」ですが、松島さんは損をしていますね。


    小渕さんは、「これで終わりになるわけではない。」と思っているフシがあり、受け答えに余裕があります。

    松島さんは、「ここを踏ん張らないと終わり。」と思っているように見えます。


    政治家は、その「政策」で評価すべきとは思いますが、「人」で選ばれているのも確か。

    公職選挙法に違反した政治家を復活させるようでは困りますが、それでも当選できるのであれば、その人には、政治家としての素養があるってことになるんでしょうね。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM