<< 「まあエエか」な話 | main | 南城市大里のカノン砲 >>

仲井真県知事が辺野古の工事変更を承認しました

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    来週火曜日に任期を終える仲井真知事が、沖縄防衛局の提出した辺野古の工事変更申請を、昨日、承認しました。

    知事選に大差で敗れ、辺野古移設反対の民意が示されたにもかかわらず、任期終了直前に工事を進める申請を承認するなんて、なんともわからない人です。

    承認の理由は、「法的瑕疵の無い申請は承認せざるを得ない」というもの。昨年末、辺野古埋め立て申請を承認した際も、同じ事を言ってました。

    知事選で、それではダメだってことを県民に示されたばかりです。ボケてしまったのか、政府に弱みでも握られてるのか、これでは悪口の一つも言いたくなります。




    「あほやな。」で終わりにしたいところですが、そうはいかないのが沖縄の政治情勢です。

    仲井真さんを支持する側は、「知事は任期の最後まで、立派にその役割を果たした。」と考えています。

    ところが、仲井真さんを支持する側にも、工事変更申請を承認せず、翁長さんに任せるべきだとする声があります。

    つまり、翁長さんは、法的瑕疵が無い申請を承認せざるを得ないだろうということ。辺野古移設反対を訴えて当選した翁長氏が、工事変更法申請を承認したとすれば、とたんに公約違反ですからね。


    一方、翁長氏を支持する側は、工事変更申請は翁長さんに任せるべきだと訴えています。当然ですよね。



    しかし、工事の変更申請に法的瑕疵が無いとすれば、不承認とするにも、保留とするにも、それ相応の理由が必要です。

    それを翁長さんがどう説明するのか。簡単な問題ではありません。


    さて、今回の工事変更申請は3件提出されています。そのうち2件を、昨日、仲井真さんが承認し、残る1件を審査中です。

    仲井真さんが、来週の二日間で、承認するのか、保留して翁長さんに任せるのか。もし保留するようなら、仲井真さんって人はかなりの意地悪ですよね。


    私は、意地悪に保留すると思います。

    そして、水曜日。翁長さんが知事に就任した直後から、工事変更申請をどうするのか、報道機関の質問が集中するでしょう。

    翁長さんはどう答えるのか。

    「私は辺野古移設反対を公約した。昨年の埋め立て申請の承認手続きを精査するまでは、工事変更申請を承認するわけにはいきません。」

    と、言ってほしい。

    もし、

    「法的瑕疵の無い申請は承認せざるを得ない」

    などと口にしたら、沖縄はひっくり返りますよ。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM