<< 辺野古移設反対派のインチキ | main | 新風会備忘メモ >>

沖縄の県民所得

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    2010年の統計で、沖縄県民一人あたりの所得は年額202万4700円。月額では16万8725円です。(県民所得の定義は知ってますが、ここでは横に置きます)

    全国最下位。

    沖縄の物価は決して安くありません。これでよく生活できてますよね。


    35年前のこと、私は某大学を卒業し、某鉄鋼メーカーに入社しました。初任給は16万7000円でした(県民所得に1725円の負け)。

    学卒新入社員は必ず工場に配属されるルールで、私は大阪勤務となりました。

    独身寮(8畳の個室)の寮費は朝夕の食事付きで1万5千円。光熱費はタダでした。お昼は会社の食堂で定食が180円。

    つまり、月2万円生活(笑)。

    給料から社会保険だのなんだのが引かれ、上記の2万円が引かれて、手元に約10万円が残ります。

    私の同期で、入社一年で100万円を貯めたアホがいましたが、今は「なんて立派なヤツなんや。」と思いますね(笑)。


    結婚祝いで10万円、子供ができれば5万円が支給され、家族が増えれば3LDKの社宅に、家賃3万円で入居できました。

    有給休暇は年間26日。5年ごとにリフレッシュ休暇が5日追加され、10年ごとにその休暇が10日となり、10万円の旅行クーポンが支給されました。

    高利の社内預金制度があり、逆に、お金が必要な時は、労働金庫が低利で融資してくれました。ある時期、両者の金利が逆転するという事件が起きたんです。つまり、労働金庫で借りたお金を社内預金すれば、それだけで儲かるってこと(笑)。

    会社の近くには、2つの社員クラブがありました。一つはビルの最上階でラウンジ風、もう一つは住宅地にある料亭風一戸建て。お酒も料理もほぼ原価でした。

    全国各地に保養施設があり、例えば、箱根の保養施設(温泉付き)が一泊二食付きで2千円。


    さて、給料ですが、ベースアップに加えて職能等級(つまり身分)がどんどん上がるので、給料は毎年必ず増え、係長に昇進した年はドーンと10万円近く増えました(月額ね)。ボーナスは夏冬それぞれ、月給の3ヶ月分程度。

    私は37歳で課長に昇進しましたが、このあたりまでは、同期入社のバラツキは2、3年程度。よほどのアンポンでない限り、課長にはなれて、年収は1千万円を超えます。

    厚生年金に企業年金が加算され、老後も安心です。


    「なぁ〜に、自慢してるぅ!!」などと怒らないように。そこそこの大学に入り、そこそこの会社に入れば、これが普通です。本土ではね。

    沖縄にそんな会社があるのか(無いのか)。


    農連市場の某青果店で働く私は、給料、福利厚生の全域において、35年前の私に負けています。

    「こんな給料しか払えんやなんて、経営者の怠慢ちゃ〜うんかい!!。なに甘えとんねん!!。」

    と心から思いますね。

    ところが、某青果店の売上、原価、一般管理費のおおよそを、私は知っています。そのくらい、帳簿を見なくてもわかります。て言うか、某青果店に帳簿なんてありません。

    結論を言えば、某青果店のお父さんは悪くない(笑)。お父さんはお客様(保育園)に対して、先ほどの私と同じように思ってることでしょう。

    しかし、保育園の保育士や調理士の給料が良いかと言えば、まったくそんなことはなく、キツイ仕事の割には、むしろ薄給と言えるでしょう。

    てことは、園長が儲けとるのか?。出て来〜い!!

    この話は、もうやめましょうね。


    昨年末、辺野古の埋め立て申請を承認した仲井真前知事に対して、安倍首相が向こう8年間、毎年3千億円超の沖縄振興予算を約束しました。

    その3千億円が沖縄上空から降り注いでるはずなのに、まったく濡れないのは何故でしょう。

    沖縄県庁は、県民所得を上げようとするなら、糸満市を埋め立てたり、浦添市を埋め立てたり、うるま市を埋め立てたり、与那原町を埋め立てたりせず、振興予算を県民に配ったらどうですか。

    140万人の沖縄県民に、一人あたり25万円を支給できる額です。4人家族なら、年額100万円。

    沖縄県を経済特区にし、消費税をゼロにしてもよろしい。

    で、3千億円は何処に行ったのか。


    沖縄には、年収1千万円を超える人が結構いまして、人口比を計算すると、全国都道府県のトップ10に入るのです。

    一方で、30人に一人が生活保護を受けています。

    つまり、沖縄県は全国有数の格差社会なんです。

    仮に沖縄から米軍基地が無くなり、3千億円超の振興予算がゼロになったとしますね。

    さあ大変だ!!

    と、思うかもしれませんが大丈夫。

    年収1千万円超の方は収入がかなり減るでしょうが、庶民の収入は変わらないでしょう。最初っから3千億円とは関係無いところで生活してるんですからね。

    そんでエエやん、と思いますね。


    結局、長かった割りには核心に迫らない投稿でしたが、言いたいことはわかりますよね。

    わからんか(笑)。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM