<< 春にゴンドラ | main | 戦前の南大東島(1) >>

映画「旅立ちの島唄〜十五の春〜」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    結局、テレビを観ました(笑)。

    結論を先に言うと、いい作品でした。あまり話題にならなかったのが不思議です。上映館も少なかったようですし、いったいどうなってたんでしょう。


    高校の無い南大東島。中学を卒業した優奈(主人公)は島を出て、那覇の高校に進学することになりました。

    ゴンドラで船に運ばれ、手を振る優奈。見送る家族。BEGINの主題歌が流れ、スクリーンがエンディングクレジットに変わる。で、私はオイオイ泣く。

    となるはずでした。

    まあ、確かにそうなったのですが、私の心境は予想とかなり違ったものでした。つまり私は、離島苦(シマチャビ)の意味を理解できていませんでしたね。


    中学を卒業する子は、島を出て高校へ進学するか、進学せず島に残るかを決めることになります。

    何かの事情があって島に残った子が、後になって島を出ようとしても、例えば、中卒の学歴で、どんな選択肢があるのか。高校進学を諦めるには、一生、島で暮らす覚悟が必要です。

    高校進学で島を出た子は、卒業後、就職し結婚しますから、たいていは島に戻りません。更に、子供の世話をするため、一緒に島を出た母親に、島に戻れない事情が生まれることがあります。



    優奈の場合、先に島を出た兄と姉が那覇で生活しており、お母(おかあ)も那覇にいます。つまり、優奈が島を出れば、お父(おとう)一人が島に残されるということ。



    お父は「子供は親を選べない。だから、親は子供に充分なことをしてやらないといけない。」という考えの持ち主。それがどうして、最後の家族(優奈)を見送ることになってしまったのか。

    優奈は、お母に島に戻ってくれと頼み、それができないなら、お父に那覇に来てくれと訴えます。ところが、両親ともにそれを了解しません(できません)。


    この家族が置かれた状況は、色々な事情が重なった結果と言うより、離島の「宿命」のようなもの。誰もがこれではいけないと思いながらも、それを解決できません。

    この映画のテーマは、優奈の「巣立ち」であると共に、「家族の崩壊」なんです。

    島を出る優奈に、「頑張れ!!」と涙を流しているだけでは、話が終わらないってことです。つまり。


    コメント
    話に奥があるんですね

    youtubeでフツーに予告編観てると
    フツーにウルっと来る感触なんですけど
    もっと公開してほしかったな〜。。
    映画館で観そびれてました。 




    • ひらひら
    • 2015/01/04 2:35 PM
    高校のない離島生まれなのでそれが普通でした。疑問に思いもしませんでした。
    • クラゲになりたい
    • 2015/01/04 3:52 PM
    ひらひらさん

    自分が父親のせいか、小林薫がしみじみと良かった。喜怒哀楽を演じ過ぎれば、暑苦しい気持ちがしたでしょうが、何もしなければしないほど、ジーンと来る。

    もう、なんか、立ってるだけで、座ってるだけでジーンと来る(笑)。


    • coralway
    • 2015/01/04 6:15 PM
    クラゲになりたいさん

    >疑問に思いもしませんでした。

    これ、本当ですか?。

    あえて、そう考えるようにしたのではなくて。

    う〜ん。そうなのか。

    • coralway
    • 2015/01/04 6:22 PM
    疑問に思うも何も…にぃにぃやねぇねぇがいる人は当然のように一緒に暮らし、いない人は一人でアパート暮らしが当たり前でしたョ。進学のために親も一緒に引っ越しなどはなかったです。
    • クラゲになりたい
    • 2015/01/05 3:04 PM
    あけましておめでとうございます

    今年も元気でブログ発信してください。


    前に読んだよね、と思って検索したら
    与那国に高校がなくて、進学のために島を出るんだけど
    中学生は楽しみにしてる、ということに
    驚いた!っていうのがあった。


    wowowでちょっと前にやってたね。
    観てないけど。
    きっと、夫婦が問題なければ、進学する子はワクワクで家を離れられるんだろうね。

    小林薫は 「深夜食堂」大好きです。
    カウンターのなかで料理してるだけなんだけど。
    作り方も放送してるので、つい、作ってしまう。

    お互いに、ひとつアラ環に近づきましたなあ。
    腰痛に気をつけて今年もがんばりましょう!
    • ikoka
    • 2015/01/05 6:02 PM
    ikokaさん

    よく覚えてましたねぇ。私は忘れてました(笑)。与那国の話は、一つ前のクラゲになりたいさんのコメントにつながりますね。

    小林薫さんは、どう演じるかと共に、どう演じないかを考える方だそうで、深夜食堂なんてハマり役ですよね。

    まさか自分がこんなに早く還暦を意識することになろうとは。

    今年もよろしくお願いします。m(_ _)m
    • coralway
    • 2015/01/05 6:12 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM