<< 南城市大里の大城グスク(3) | main | 幸之一カーブを走ってみた(1) >>

炭(タン)と昆布(コブ)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    このブログのTwitterをフォローしてくれてる”やまねこ@三線修行中”さん。

    明日、野村流創立90周年記念公演に出演されるそうで、昨日、沖縄入りされました。

    今朝は、農連市場に来られたようですが、配達中で失礼しました。


    今回、「かぎやで風」を演奏するので、佐辺昆布店のお母さんに「炭(タン)と昆布(コブ)」を見せてもらったそうです。

    配達後、私も見せてもらいました。

    これです。炭に昆布を巻いたもの。




    かぎやで風の一節です。

    あらたまの年に 炭と昆布かざて こころからすがた若くなゆさ
    (あらたまぬとぅしに たんとぅくーぶかじゃてぃ くくるからしがた わかくなゆさ)


    新年に炭と昆布を飾ると、心から姿が若くなるようだ


    炭(タン)と昆布(コブ)で、「タンとよろコブ」。(^-^)/

    沖縄のしめ縄は、ミカンの下に炭と昆布をぶら下げます。



    これで、橙(代々)炭とよろ昆布。(^-^)/


    かぎやで風は、第二尚氏王統五代目の尚元(しょうげん)王の即位を祝って演じられたようですから、少なくとも460年前に存在した琉球古典です。

    その時代に「タンとよろコブ」なんて言葉が通じたんでしょうか(笑)。

    まず、炭や昆布が縁起物と認められて、「タンとよろコブ」は後からくっ付けたんでしょうね。


    お昼過ぎ、やまねこさんが勇気を出して(?)連絡してくれたので、短い時間でしたが、お会いすることができました。

    これまで、農連市場に三線を背負って現れると言えばおもろさんでしたが、これで二人目(笑)。偶然、お二人とも神奈川県在住です。

    やまねこさん、明日は頑張って下さいね。そしてまた、市場にお越し下さい。


    コメント
    こちらに戻って通常の生活に戻って4日間。

    先週の金曜日は、仕事が終わって沖縄に行ったんだったよなぁ・・・なんて、思い出し、早くも沖縄に帰りたくなっています。

    滞在中は、ありがとうございました。お会いできて嬉しかったです。

    そして、「また会いましょう」と言ってくださる方が旅先にいるって本当に幸せなことだなぁとあらためて思います。

    コンクールや観劇になると思いますが、農連市場の風景が大きく変わらないうちに、また伺いたいなぁと思っています。

    • やまねこ
    • 2015/01/23 12:46 PM
    やまねこさん

    コンクール、いいですね。合格すると新聞に名前が載りますよ。

    層の厚さでは沖縄に及びませんが、本土の三線奏者は集中力があって、よく鍛えられてると、評判が良いそうです。

    わざわざ、沖縄に受験に来るんですから、当然かもしれませんね。
    • coralway
    • 2015/01/23 2:23 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM