<< 幸之一カーブを走ってみた(1) | main | 幸之一カーブを走ってみた(3) >>

幸之一カーブを走ってみた(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    大城幸之一は、糸満線建設当時の県議会議員です。彼の地元に鉄道を通すため、政治力で糸満線を迂回させました。それで、この迂回部分を幸之一カーブと呼びます。


    前方に国道507号線の高架が見えてきました。



    山川駅跡を出て以降、鉄道跡は長堂川から離れず、川の向こうには、八重瀬町友寄から南風原町神里へかけて、丘陵地が続いています。



    大城幸之一の政治力で糸満線を迂回させたことは事実ですが、この丘陵地を避ける目的もあったと言われています。

    馬力の小さい軽便鉄道は、与那原線与那原駅近くの穏やかな坂道さえ、やっとのことで登ったようです。

    こうして、神里の丘陵地を眺めてみれば、長堂川沿いに鉄道を敷設したことは、遠回りにはなりますが、確かに一理あると思えます。少し東に走って、丘陵地が低くなったら南に向かおうとしたということ。


    鉄道跡は国道507号線の高架をくぐり、



    喜屋武駅跡に向かいます。




    那覇空港道の高架に到着しました。



    この高架下が、かつての喜屋武駅です。もちろん、影も形もありません。

    鉄道跡はすぐに高架下を離れ、信号待ちしている車のあたりから、再開します。



    そこに、幸之一カーブで唯一の未舗装部分がありました。



    ガードレールは、長堂川に架かる橋です。横からみると、鉄道跡が盛り土され、堤になっていることがわかります。



    幸之一カーブは、道路として残っていはいますが、その道路は舗装され、拡張されています。

    ですから、この未舗装部分だけが当時のまま。つまり軽便鉄道の遺構と言えます。

    (続く)


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.14 Tuesday
      • -
      • 07:49
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      プロフィール
      profilephoto


      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
      Twitter
      お勧めの本と映画
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM