<< 下地暁「風のあやぐ」 | main | 沖縄県選出の自民党国会議員は何をしている >>

いい商売やなぁ(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    二つ前の投稿で紹介したのは、昨年の沖縄県知事選前の、櫻井よしこ氏の主張でした。

    その投稿に思いのほかアクセスが多かったので、今度は、知事選が終わった後の彼女の主張を紹介します。


    「民意の成長が果たせなかった沖縄県知事選現職敗北の“失望”」
    『週刊ダイヤモンド』 2014年11月29日号
    櫻井よしこ

    沖縄県知事選挙は自民党支持の現職、仲井眞弘多氏が対立候補の翁長雄志氏に10万票の大差で敗北した。私は今回の知事選にとりわけ注目していた。なぜなら、沖縄で今回の仲井眞氏ほど鮮明に基地問題を真正面に掲げて前向きに闘った候補者はかつていなかったと思うからだ。仲井眞氏が勝利すれば、それは沖縄の民意の成長の証しであり、そこから新しい可能性が生まれると感じていた。

    だが結果は仲井眞氏の大敗北だった。争点は言うまでもなく、普天間飛行場を沖縄本島北部の辺野古に移設するか否かだった。当選した翁長氏は「辺野古に新たな基地は造らせない」と、次の点を強調した。

    ・住民の意思を無視して辺野古に新たな基地は造らせない。沖縄県民の自己決定権と尊厳を尊重せよ。

    ・安倍政権の威勢のいい前のめりな言葉で尖閣問題を解決しようとすれば将来に禍根を残す。安倍晋三首相は平和外交と国際法にのっとって解決せよ。

    ・基地の負担軽減が大事だ。

     私は選挙の熱い風が吹く沖縄に二度、足を運び取材をしたのだが、翁長氏の主張が矛盾だらけであることは明白だった。その矛盾を明確に指摘していたのは仲井眞陣営だった。

    翁長氏の主張に対して仲井眞氏は、具体的に反論していた。まず、基地負担軽減のために、普天間から辺野古に移すのだとの主張だ。普天間飛行場の広さは480ヘクタールだが、辺野古の飛行場はその約3分の1の面積になる。普天間からの移設をきっかけに米軍再編成が進み、嘉手納以南の基地全て、総面積約1000ヘクタールが返還される。北部訓練場の一部も返還され、沖縄県民の手に戻される基地面積は5000ヘクタールに上る。これこそ、沖縄県民の基地負担を軽減する道だと、仲井眞氏は主張した。

    だが、翁長氏はひたすら、「辺野古に新たな基地は造らせない」「本土は沖縄を犠牲にし続けている」と言うばかりだった。

    辺野古への移転を許さないのであれば、普天間はどうするのか。普天間に飛行場ができた後、付近には次々に住宅や学校が建てられた。いま同飛行場の周囲には住宅が密集し、向かい側には小学校もある。普天間は世界一危険な飛行場だ。だからこそ、一日も早く移設しなければならない。

    翁長氏はその具体策は何も示さない。基地負担の軽減策も示さない。

    翁長氏は尖閣諸島の問題について安倍首相が「威勢のいい前のめりな言葉で解決しようとする」とも非難するが、前のめりで尖閣諸島周辺海域に侵入し続けているのは中国である。日本政府でも安倍首相でもない。

    翁長氏は、平和外交と国際法にのっとって尖閣問題を解決しろとも安倍首相に要求するが、お門違いだ。その言葉は中国に向けるべきである。中国こそ、日本のみならず東南アジア諸国など全ての国と平和裏に問題を解決しなければならない。国際法を無視して他国の領土・領海、権益を侵す行動を慎まなければならないのは中国である。

    本当に基地を減らし、中国に対処できるのはどちらの候補者か。答えは明らかに仲井眞氏だった。尖閣の海を守れるのも仲井眞氏だった。そのことに沖縄県民は気付くだろうか。中国の脅威が顕著な沖縄で、県民がその事実を直視すれば、仲井眞氏は勝てるはずだと私は考えた。

    だが仲井眞氏を支持した有権者は約26万人、他方、36万人が翁長氏に票を投じた。非合理的主張を展開するばかりの翁長氏はかつて自民党県連の幹事長でありながら、今回は共産党や社民党と組んだ。そんな人物の主張が支持されたのだ。

    沖縄で取材中に聞いた言葉が胸に残っている。「基地問題に主体的に取り組もうとする仲井眞陣営が勝てば、それはわれわれ県民の成就の証しです」。結果は逆、返す返すも残念だ。



    県知事選で10万票の大差がついたのは、琉球新報などに踊らされたウチナーンチュが、気付くべきことに気付かず、辺野古移設に反対したからだと。櫻井氏はそう結論付けたようです。

    その上で、「ウチナーンチュは成長が果たせなかった」と(笑)。

    まったくわかってませんねぇ。

    本来、沖縄県民の側に立ち、政府に対峙すべき県知事が政府に取り込まれ、政府の側に立った。そのことに、ウチナーンチュは反発したのです。そして「これ以上、仲井真氏に知事を任せるわけにはいかない。」と判断したということ。

    辺野古移設反対だけが理由なら、10万票もの大差はつきません。

    それを櫻井氏は、理解できていません。


    そう言えば櫻井氏は、名護市長選挙で辺野古移設反対の稲嶺市長が4千票差で当選した際、「大量の住民票が名護に移った」などと発言してました。

    つまり、反対派の活動家らが稲嶺氏に投票するために、名護に住民票を移したと言いたかったのでしょう。意を汲めば、「そうでなければ、稲嶺氏が当選するはずがない。」と考えたということ。

    ところが、今回は10万票も差がついたので、その理屈は使えなかったようです。だからもう、ウチナーンチュがアホだと言うしかなかった(笑)。


    上記の文章で、彼女の取材姿勢を示すこんな記述があります。

    普天間からの移設をきっかけに米軍再編成が進み、嘉手納以南の基地全て、総面積約1000ヘクタールが返還される。

    嘉手納以南に米軍基地は1,500ヘクタールあります。1,000ヘクタールでは「全て」になりません。沖縄市のキャンプ瑞慶覧はその一部だけが返還予定で、500ヘクタールは基地がそのまま残るのです。

    1,000ヘクタールが全てと言う櫻井氏は、数字の検証をしていません。

    その1,000ヘクタールのうち、800ヘクタールは代替地が必要です。普天間飛行場の480ヘクタールはもちろん、那覇軍港の56ヘクタールも返還には代替地が必要で、浦添市のキャンプキンザー沖が候補に上がっています。

    つまり、代替地の必要が無く、素直に返還される基地の面積は200ヘクタールにしか過ぎないのです。


    さて、櫻井氏は数字の検証もせず、数字の内容も知らずに、上記の主張をしているのか。それならば「アホなことを言うとんな。」で終わりです。

    一方、彼女が全てを知っていて、それでもなお、上記の主張をしている可能性があります。それは、ウソをつかないと、自分の主張に説得力を持たせることができないということになりますね。

    どちらにせよ、彼女に沖縄の基地問題を語る資格はありません。

    それを講演料を支払って沖縄に招いた人がいるのです。つまり、彼女の立ち位置は商売になるってこと。

    間違ったことを言おうがウソをつこうが報酬が得られるのですから、「いい商売やなぁ。」と言うほかありません。


    コメント
    アクセス多かったのに、
    コメントはわたしのハブとマングースだけえ?

    今ね、中国のお正月らしくて、黒門もハルカスも
    総攻撃されてるで。
    デパートの迎撃体制はバッチリ。
    景気浮上にがんばってくれてるよ、中国に観光客の人たち。



    • ikoka
    • 2015/02/23 11:34 PM
    人の悪口を言ってる投稿にコメントすると、仲間と思われるので、控えめでよろしいかと。

    沖縄も中国観光客は多いですよ。さすがに農連市場は少ないですが、公設市場は密度が高い。

    同じようなものは中国にもあるんでしょうが、やはり「食の安全」なんですかね。毎度あり。
    • coralway
    • 2015/02/24 7:30 AM
    遅ればせのコメントで失礼します。
    権力に奉仕すれば、お金になるという事ですね。
    2008年3月29日(集団自決裁判判決日の翌日)に、都内で作る会主催のシンポを覗きました。
    櫻井よしこ、惠隆之介ら奉仕活動で金を稼いでいるモノカキらがしゃべっていました。皆威勢よく、敗北感などなかったです。

    曽野綾子と同じく、櫻井よしこ嘘が多いようですね。「嘉手納以南」という言葉も嘘です。「以」はそれを含む場合に使われる字でしょう?日米政府は、嘉手納基地は永久に返そうとしません。本当は普天間よりも危険な飛行場です。

    櫻井は処女作で、大宅荘一ノンフィクション賞を貰ったらしいですね。それを絶版にしてるらしいです。
    山崎行太郎氏がブログで、天皇にまつわる櫻井よしこ批判を展開してます。

    キー坊さん

    櫻井さんは、キッパリとした言い方をするので、一見、説得力があるかのように聞こえますね。

    「講釈師、見てきたような嘘をつき」(笑)
    • coralway
    • 2015/05/15 4:58 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM