<< 議論をするということ | main | 宮古島の海が綺麗な理由 >>

肝高の城 勝連城

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    沖縄本島の中部の勝連半島に残る勝連城(かつれんぐすく)跡です。

    CIMG3978s.jpg

    半島中央の丘陵地に位置するため、グスクの頂上からは、三方に海を望めます。

    CIMG3971s.jpg

    海からの風が気持ちよく吹き抜け、巨大な船に乗っているような気分になれます。

    さらに、沖縄本島に目を向ければ、北部の山々から南部の知念半島までを眺めることができます。

    沖縄本島で眺望の良い場所はいくつかありますが、私の知っている限りでは、ここが一番です。


    勝連城は、琉球王国のグスク及び関連遺産群として、2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。

    また、勝連の地元中高生による現代版組踊(くみおどり)「肝高(きむたか)の阿麻和利」は、昨年、同じくユネスコの未来遺産に登録されました。

    沖縄本島に残る数多くのグスクのうち、勝連、今帰仁、座喜味、中城、首里の5ヵ所が世界遺産に登録されていますが、私の好みとしては、やはり勝連城を選びます。


    肝高は、心豊か、気高い、品位のあるなどの意味の言葉です。また同時に、勝連城をほめる美称でもあります。

    麓の駐車場から急な坂を上って城内に入りますが、四の曲輪(くるわ)から順に、最高部の一の曲輪に至るまでの間、この肝高という言葉を強く感じることができます。まさに、気高く、品位があり、心豊かになるグスクです。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM