<< 沖縄三越跡の様子(2015.03.14) | main | 空缶(カンカラァ)で千円稼ぐには・・・ >>

学生に小麦粉は売りません

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    神里原の丸大スーパーにこんな貼り紙がありました。



    卒業式のシーズンですから、当局からスーパーに依頼(て言うのか「指導」)があるんでしょう。


    「食べ物を粗末にしてはいけません」は当然ですが、じゃあ、プロ野球選手のビールかけはいいのかと言いたくなります。

    長いシーズンを戦って優勝したのですから、ビールをかけあう気分は最高でしょう。一方、沖縄の高校生達は、同じようにいい気分で小麦粉をかけあってるんでしょうか。


    沖縄県で、高校卒業後3年以内の離職率は57.4%。半数以上の卒業生が離職してしまうのが沖縄の現状です。

    全国平均が36.5%ですから、沖縄県は20ポイントも高い。「沖縄の若者は辛抱が足らない」と指摘するだけでは、これほどの大差を説明できないでしょう。

    若者にとって魅力ある労働環境を提供できない、産業界の責任だと私は思います。


    高校の卒業式で、卒業生達は「将来への期待で胸をふくらませる」気持ちになれるものなのか。

    小麦粉をかけあうことで表現しようとしているのは、卒業の喜びなのか将来への不安なのか、いずれにせよ、「食べ物を粗末にするな」とか、「辛抱して働け」とか、そんな指導で収まるものではないと思いますね。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM