<< ハンタ道と新垣の石橋 | main | 軽便鉄道糸満線の三角橋 >>

復元された軽便鉄道与那原駅

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    沖縄県営鉄道(軽便鉄道)与那原線が営業を始めたのは1914年のことでした。

    今年の1月、軽便鉄道開通100周年事業として、与那原駅が復元されました。事業主は与那原町です。



    沖縄戦で軽便鉄道が失われて70年。復元された与那原駅には軽便鉄道30年の記録が展示されています。


    開設時の駅舎は木造でした。



    その後、1931年にコンクリート造りに建て替えられています。


    (手前の線路は与那原・泡瀬間の馬車軌道。軽便鉄道の線路は駅舎の裏です。)

    そして、沖縄戦直後の無惨な姿。



    この駅舎を、与那原町やJAおきなわが、つい最近まで使っていたんです。



    破壊され尽くしたかに見えた駅舎でしたが、きちんと修理すれば生き返るものなんですね。

    そして、この度、JAおきなわが使用していた建物(旧駅舎)を取り壊し、与那原駅を新築・復元したということ。

    以上が、これまでの経緯です。


    さて、復元された与那原駅の中はどうなっているのか。私は、軽便鉄道の枕木が見つかったと聞けば、すぐに見に行くほどの軽便鉄道ファンです。

    軽便鉄道の枕木(楚辺)
    軽便鉄道の枕木(国場)

    では、与那原駅が復元されると聞いて、オープン初日の入口に立っていたかと言えば、私にそんな気は、まったくありませんでした。

    年表があって、ネットで拾える程度の写真があって・・・。そんな想像がつきましたからね。そして、まさにその通りの展示内容でした。

    コンテンツが乏しいのなら、駅舎内も復元して欲しかった。切符売り場、待合室のベンチ、改札、ホームの一部。


    いや、それが難しいことは私にもわかりますよ。沖縄戦で資料や図面が失われ、当時の与那原駅を知る人は高齢化していますからね。

    しかしそれは、準備不足というだけのこと。ハコを造ることを決めた後で、コンテンツを集めようとするのは本末転倒です。駅舎の復元を決めたのは2年前と聞いていますが、本来、資料を集め、利用者の証言を集める作業は10年単位の時間がかかるはずです。

    厳しい言い方ですが、10年、20年前から与那原駅を復元するプランがあり、相応の準備をしていたら、今とは違った展示内容になっていたはずですね。


    ちょっといい話もあります。今回の復元工事の過程で、軽便鉄道の線路が見つかったんです。駅舎のすぐ裏です(当然ですが)。



    このシートの下はこうなっています。



    線路が敷設された状態で残っているのはここだけ。与那原駅復元事業は二期工事が予定されていて、この場所は公園になるようです。

    是非、ホームを復元していただきたいですねぇ。


    一括交付金は、まず総額が決まり、それが沖縄県内の市町村に分配されます。

    その額に応じて、市町村が事業内容を決めるわけですが、翌年も一括交付金を受けようとすれば、当年度の交付金をなんとか使い切る必要があります。

    この手順では、やはりハコモノが増え、中身が後から追いかけるかたちになります。

    私が「あれっ」と思った事業は、概ね一括交付金事業でした。与那原駅復元事業もそう。

    一括交付金は、本当に沖縄のタメになってるんかな、と思いますね。


    どうよ。駅前のおっさん。




    コメント
    県営鉄道の面影がほとんど無いので、これでも復元されてとても嬉しいです。
     しかし、戦時中の上空写真でもかろうじてですがホームや線路は確認できますし、ホームはぜひ復元してもらいたいですね。
    • ahaha
    • 2015/03/20 12:58 AM
    Cさん 忘れていた記憶を呼び戻す投稿を感謝します。

    与那城村の屋慶名・平安座から首里にあった沖縄県立工業学校建築科に
    進学した敬愛する大先輩からの話で、
    与那原から泡瀬までの馬車軌道の運賃と「与那原そば」が、同価格であったとのこと。

    帰省する時は、首里から歩いて与那原まで行き、
    与那原で「そば」を食べれば、父母の待つ与那城村までは、歩き!

    「そば」を我慢すれば、泡瀬までは、馬車軌道に乗れて早く親元に帰れる。
     その苦しい葛藤が、苦渋の選択として思い出にある。と話されていました。



    • へそまがり
    • 2015/03/20 2:59 AM
    ahahaさん

    ファンの声は厳しいわけです。

    ホームは是非欲しいですよね。その前に、線路は絶対に動かすなと言いたい。
    • coralway
    • 2015/03/20 7:01 AM
    へそまがりさん

    いい話ですねぇ。今の私なら迷わず馬車に乗るでしょうが、高校生の頃なら、いくら走っても平気でしたからね。

    それにしても、その先輩。馬車に乗らないのなら、まっすぐ与那城に向かえばいいのに(笑)。

    当時の与那原は、今よりずっと賑やかだったんでしょうね。与那原そばは美味しいし。

    楽しい話をありがとうございました。


    • coralway
    • 2015/03/20 7:30 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM