<< 知念グスクとガービラ(1) | main | 玉城で石畳道の探索 >>

知念グスクとガービラ(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    では、この日の目的地、ガービラを下ります。



    最初はアスファルトの舗装道ですが、すぐに石畳道が始まります。






    この古道は、かつての島尻方東海道。首里城から、南風原、島添大里、佐敷、知念を経由して、玉城、具志頭に至る宿道です。

    古道の趣きがあり、木漏れ日がいい具合です。



    沖縄本島の宿道を整備したのは尚巴志だと言われています。基幹道路として石畳道を造り、要所要所に宿場を設けました。それが宿道と呼ばれる所以です。

    そこに、情報伝達用の馬を配置し、各地の按司を統治したのですね。つまり、宿道はかつての情報ハイウェイ。とっくに役目を終えた今は、実に静かなものです。


    そして、歩くこと10分足らず。ガービラを下りた所には、知念大川(ウッカー)がありました。



    知念大川はアマミキヨが天から稲を持ち帰り、稲作を始めた場所と伝えられていて、知念グスク同様、東御廻い(アガリウマーイ)の拝所です。

    これで、ガービラの意味がわかりますね。ガーは川、ビラは坂ですから、川へ向かう坂道です。


    知念大川の右手奥に、今下りて来たガービラが見えています。



    坂道を下りたら、上りましょう(笑)。






    坂道の途中にこんな案内がありました。



    ガービラから左手に入った先に、ウファカルと知念按司の墓があるようです。

    ウファカルは稲作を始めた場所の意味で、ウカハルとも呼ばれています。ウカハルは、ウカ(大川)ハル(畑)でしょうが、ウファカルの語源は不明です。

    稲作を始めた場所としては、近所の受水走水(うきんじゅはいんじゅ)が有名ですね。

    「じゃあ、どっちが先やねん」ってことになりますが、いずれもウチナーンチュの始祖神であるアマミキヨが創ったもの。大昔の話ですから、どっちが先でも私の人生になんら影響はありません(笑)。


    さて、5分足らずで、そのウファカルに到着しました。



    上高地かと思いました(思わんな)。

    断崖絶壁の中腹に知念按司の墓があります。そして、崖の下に湧き水があり、そこが知念大川の源流。手前の平地がかつての水田跡です。

    収穫された米や野菜、そして水を、ここから知念グスクへ運んだものと思われます。


    あっ、それから、絶景のカフェ「くるくま」は、あの崖の上です。

    くるくまs.jpg


    知念大川には駐車場がありませんから、知念グスクの駐車場に車を停め、私と同じ経路で歩くことをお勧めします。

    疲れない程度の短い坂道ですが、石畳道の状態が良くないので、ハイヒールや島ゾーリでは、ちょっと難しいと思います。

    (終わり)


    コメント
    上高地。受けた。

    沖縄版 悪城の壁
    岩登りのスポットにいいねえ
    • ikoka
    • 2015/03/24 12:54 PM
    悪城の壁って立山でしたっけ。

    ここで岩登りしようにも、相手は琉球石灰岩。ハーケンがまったく固定できないでしょうね。

    まあ、高い所に登る前にすぐ落ちるでしょうから、大怪我にはなりませんね(笑)。

    • coralway
    • 2015/03/24 2:54 PM
    10月にこの周辺は歩き回りましたが、くるくままでの坂道はキツかった(^-^ゞ

    受水走水とどちらが先か…
    それを考えていたら、夜も眠れなくなっちゃう(笑)

    悠久の歴史の中では、さして問題にはならないですね(^-^ゞ
    • おもろ
    • 2015/03/24 9:48 PM
    おもろさん

    あの坂をくるくままで登ったの!?。根性やな(笑)。

    ウファカルは日本語としてはもちろん、ウチナーグチとしても異質な感じがします。

    それを考えると・・・(笑)。

    • coralway
    • 2015/03/24 10:11 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM