<< 玉城で石畳道の探索 | main | 琉球五偉人、羽地朝秀の墓 >>

牧港「テラブのガマ」

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    浦添市牧港にある「テラブのガマ」です。





    琉球石灰岩による自然洞窟で、御嶽であり、祭祀場でもあります。洞窟内の広さは30平方メートルで、洞窟の奥には拝所があります。

    などと、入口の案内にありました。




    中に入ることは遠慮しましたが、入口までは来ました。洞窟内を見ておきたかったので。




    さて、先ほどの案内は、浦添市教育委員会が作成したもの。案内文13行の後半6行で、次のように述べています。

    伝説によれば、乾道元年(1165)に今帰仁の運天港に漂着した源為朝(みなもとのためとも)は、大里按司の妹を妻に迎え男子をもうけた。しかし、為朝は浦添から出帆し帰郷、残された妻子はこの洞穴で為朝を待ちわびた。以来、この地はマチナト(牧港)と呼ばれるようになったという。その子の名は尊敦といい、後の舜天王である。


    「ふっ、ふじゃけんな!!(©相棒A)」と言いたい。


    浦添市教育委員会に電話をかけました(ウソです)。

    C「もしもし。テラブのガマの案内についてお尋ねしたい。」

    教「はい、どうぞ。」

    C「あそこで、為朝の妻子が暮らしてたんですか。」

    教「そう伝えられています。」

    C「大里按司の妹でしょ。お金持ちやのに、なんでそんなことに。」

    教「やはり、為朝を待ってたんでしょう。」

    C「それでマチナト(牧港)だと。」

    教「そうなんです。」

    C「古くはマヒナト(真比湊)ですよね。マチナトがマヒナトになり、またマチナトになったってことですか?。」

    教「まあ、同じようなもんでしょ。」

    C「為朝が伊豆で漂流して、運を天に任せたら漂着したのが運天ですよね。」

    教「よくご存知ですね。」

    C「運天は、古くはウミドマリ(雲見泊)でしたね。ウンテンがウミドマリになって、またウンテンですか。」

    教「いったい、何がおっしゃりたいんですか。」

    C「運天の洞窟には為朝の手形が残ってるんですか?」

    教「そう伝えられてます。」

    C「運天には、為朝上陸の碑がありますが、あれを建てたのは国頭郡教育部会って組織ですよね。」

    教「そのようです。」

    C「つまり、沖縄の教育関係組織は、琉球国王にヤマトゥの血がながれていると機嫌がいいのかなと思いまして。」

    教「なっ、何を言ってるんですか。」

    C「日琉同祖と言いたいんですよね。」

    教「さあ、どうでしょう。」

    C「みんな信じるんですよ。いかにもな話だから。」

    教「だから、伝説によればと書いてるじゃないですか。」

    C「シッタカーのおっさんが『牧港の由来を知ってるか。』なんて、すぐに言いだすんですよ。」

    教「それで?」

    C「その話に感動して、店の名前を『マチミナト(待港)』にした浦添の店主もいますよ。なにしろ教育委員会のお墨付きだから。」

    教「だから伝説だと言ってるでしょ。」

    C「これは一種の『風説の流布』ですね。」

    教「さあ、それは受け止める側の問題でしょ。」

    C「為朝が琉球に来た根拠がありますか?」

    教「『中山世鑑』です。」

    C「羽地朝秀(はねじちょうしゅう)が編纂したんですよね。彼は日琉同祖論の始祖みたいな人じゃないですか。」

    教「そうですね。」

    C「羽地朝秀が日琉同祖を唱えた理由、『中山世鑑』を編纂した時代背景があるでしょ。」

    教「はい。」

    C「それを若い人に教えるのが教育者の役目じゃないですか。」

    教「伝説だとお断りしています。」

    C「つまり、後世の付会の説ですよね。為朝は。」

    教「そうなりますかね。」

    C「だったら、伝説などと言わず、そう言いなさい。」

    教「おっしゃることは承りました。」

    C「為朝がハナリジーから矢を放ったら、牧港まで飛んだんですよね。」

    教「飛ぶわけないでしょ。」

    C「だったら『為朝岩』なんて言わないことです。」

    教「おっしゃることは承りました。」


    普天間のオスプレイが抑止力になるなんて、100回も言えば「そうなんや」と信じる人がいますからね。

    「にゃ、にゃめんなよ!!(©相棒A)」と言いたい。



    過去の投稿は、こんなところです。

    大里南風原集落の散歩(4)

    浦添城跡のハナリジー(1)

    浦添城跡のハナリジー(2)


    コメント
    一回、関係者を霊能者に呼び出してもらって
    事情聴取したらどうですやろ。
    • ikoka
    • 2015/03/26 2:00 PM
    最後の写真のね。左奥のほうに、ロウソクの灯りがポツンと見えてるんですよ。

    オバぁに振り向かれて「教えるから、こっちに来なさい。」なんて言われたら。

    「ヒッ、ヒェー、やっぱりいいです。」ってなるよね。きっと。
    • coralway
    • 2015/03/26 2:48 PM
    ほんとに為朝さんとかおいでになったら困るし。
    伊豆にかえりた〜い、とか言われても〜
    ほらがホラーになっちゃうで。
    • ikoka
    • 2015/03/26 9:09 PM
    場所がホこラ(洞)だけに。
    • ikoka
    • 2015/03/26 9:11 PM
    お疲れのご様子ね。大丈夫?(笑)

    あとひと踏ん張り、頑張れ!!(笑)

    • coralway
    • 2015/03/26 9:31 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM