<< 劇団伊良波 母の日公演(2015) | main | 沖縄の復帰から43年 >>

農連の毒舌オバぁ

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    農連市場でカマボコ屋を営むトモコオバぁ(推定年齢75)。

    テレビレポーターに、

    「どうせ買わんでしょ!!」

    領収書を求める客に、

    「面倒言うなら買わんといて!!」

    など、心に残る言葉を連発しています。

    それはもう、毎日が「全開」(笑)。

    その毒舌が故に敵が多く、オバぁの中では、付き合う相手とそうでない相手は明確なようです。

    先日も、カマボコ屋の前を通るネェネェ(推定年齢60)に

    「チッ、あのワラバー!!」

    還暦を迎える女性でもワラバー(笑)。

    まあ私も、自分より若い中年男性に

    「あのガキ!!」

    などと言いますから、考えてみれば同じようなもんです。


    さて、今朝は何を言うのかと思えば、

    オ「あ〜、忙しい。はい、計算して。ニィニィが言う通りに釣り銭渡すさ。」

    C「2460円だから540円。」

    オ「ニィニィは正直だねぇ。はい、600円。」

    C「計算しとんのかいっ!!」

    オ「(笑)」

    これはオバぁの罠。気をつけましょうねぇ。


    突っ張ってるオバぁを、生意気と思うようなら、とても付き合いきれません。

    オバぁの毒舌は、市場で商売を続けるための「気概」のようなもの。そう考えれば、オバぁの言うこと、やることは辻褄が合います。


    オバぁのカマボコ屋は繁盛しており、

    「もう少し言葉使いに気をつければ、もっと売れるのに。」

    と言う人もいます。

    ところが、必ずしもそうはならないと私は思います。そのあたり、商売の奥深いところなんですねぇ。


    コメント
    毒舌ママのスナックが繁盛するのと同じ理屈と思いました。
    これはビジネススクールでは勉強できないロジックかと。
    Cさんの視点にはいつも脱帽です。
    • いなちちのだんな
    • 2015/05/15 12:13 AM
    だんなさん

    そうそう。船場のパンツ屋とかね(笑)
    • coralway
    • 2015/05/15 6:13 AM
    あのパンツ屋、まだやってるの?

    昭和町の廣岡精肉店のコロッケのおばちゃんも
    あの無愛想さで有名。
    コロッケはおいしい。

    わたしはひよこさんが「彼」なこと知らなんだ。
    脳内イメージはチキンラーメンのひよこさんだったんだけど、
    金鳥のかとりせんこうにアップデートされました。
    • ikoka
    • 2015/05/19 3:22 PM
    ikokaさん

    あら、パンツ屋やめちゃったか?

    そのコロッケ屋のように、要は商品ですからね。

    ひよこさんはおっさんですよ(笑)。そう言えば、なんでひよこなのか知らないわ。今度聞いとこ。
    • coralway
    • 2015/05/20 4:51 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM