<< 農連の毒舌オバぁ | main | ひよこさんの沖縄愛 >>

沖縄の復帰から43年

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    1972年5月15日に沖縄が日本に復帰して、今日で43年が経ちました。

    沖縄県内の高校生を対象にした調査によると、復帰の日(年月日)を正しく回答できた比率は12.4%だったようです。

    誤答が27.8%で、わからないが59.7%。

    「高校教員は何をやっとるんだ」と言いたいし、「親は何をやっとるんだ」とも言いたい。


    もちろん、日付けを暗記しろと言ってるわけではなく、学校で家庭で、この日について語られる機会が無いのだろうなと、容易に想像できる数字だということ。


    復帰の年に生まれた人は今、43歳。丁度、高校生の親にあたる世代です。

    復帰後の43年を生きてきて、何も感じないのか。感じるのならば、子供に伝えておくべきことは無いのか。とても不思議です。


    米国統治下にあった沖縄が日本に復帰したことは、もちろん嬉しいニュースでした。

    しかし、「ああ良かったね」で、話は終わらないはず。

    復帰前に思い描いた沖縄の将来と現状とは何が違っているのか。

    10兆円を超える沖縄振興費が投下されて、沖縄の何がどう変わったのか。

    保守だ革新だ、オール沖縄だみたいな話の前に、復帰後43年の歴史(事実)を学ぶことが、とても大切だと思います。


    今回調査対象となった高校生は、やがて選挙権を得ます。初めての投票日。どんな動機で投票したのか、一人一人に尋ねてみたいものです。

    決めつけて申し訳ないが、復帰の日がいつかも知らないような成人が、まともなことが言えるとは、とうてい思えませんね。
     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM