<< 何故、通帳に合算記入をするのか | main | オリオン通りの屋台村、6月19日オープン >>

翁長知事の訪米

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    辺野古移設反対を訴えるため、ハワイ、ワシントンを訪問中の翁長知事。所定のスケジュールを終え、帰国の途につきました。



    かなりハードな日程でしたが、知事にはお疲れ様でしたと声をかけたい。


    知事の訪米により、辺野古移設が一気に方向転換するはずは無く、そこを基準に今回の訪米を評価しても意味はありません。

    重要なのは、日本や米国の世論を味方につけることができたか否か。辺野古移設を阻止するには、国内外の世論が頼りです。


    知事が持ってるカードは、辺野古埋め立て承認の撤回と取り消し。

    そのことで基地建設を阻止できるのなら、早く実行すれば良いのですが、国が撤回、取り消しの無効を訴えることは確実で、裁判になれば、沖縄県は劣勢と伝えられています。また、結審までの間、辺野古の工事は続きます。

    つまり、国内外の世論が盛り上がっているタイミングでカードをきることが大事。今回の訪米も、世論形成の一貫なのです。


    国は今月末あたりから、辺野古の埋め立てに着手する予定で、沖縄県が設置した第三者委員会の答申が出るのが、来月初旬。

    残り一ヶ月で、どれだけ世論を味方につけることができるのか。

    沖縄は正念場を迎えています。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM