<< オリオン通りの屋台村、6月19日オープン | main | 農連市場の人々(2) もらった恩は岩に刻め >>

農連市場の人々(1) お父さんの演説

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    農連市場の契約駐車場に、買い物客が車を停めるので困ったものです。



    ある日、某青果店のお父さんの駐車スペースに車が停まっていて、お父さんが怒り狂ったそうです。私は現場にいませんでしたが、市場のオバぁ達の話をまとめると、こんな感じだったようです。


    市場の入口で仁王立ちしたお父さんは、大声で抗議の演説を始めました。

    「ハーッシ!!。いったい、何を考えてるかね。人の駐車場ってわかってて、なんで停めるかねっ!!。」

    「人の迷惑も考えず、どんなつもりかわからんさっ!!。聞こえているんでしょっ!!。早く車をよけなさいっ!!。」

    このお父さん、店のオートバイに平気で跨るし、重いダイコン箱だって運びます。そして、暇な時は腕立て伏せ。そこらへんの85歳とはワケが違うんです。

    張りのある声が、市場中に響きわたりました。


    それを受けて、市場の入口近くで座ってるオバぁが、

    「さっき、若いアベックが通ったさ。どっちに行った。」

    それに、市場の奥のオバぁが反応し、

    「モヤシ屋のほうへ行ったよっ!!」

    すると、モヤシ屋のオバぁが、

    「はい、そこにいるさ。」


    市場の追跡システムにより、若いアベックは直ちにロックオンされたのでした(笑)。

    二人にはお父さんの声が聞こえており、

    女「ウチの車じゃないの?」

    男「そっ、そうかな。」

    女「早く行きなさいよ。」

    男「そんなこと言っても、あのオジぃ、普通じゃないさ。」

    女「じゃあ、どうすんのよ。」

    などと、マゴマゴしてたんですね。

    そして、モヤシ屋のオバぁに「早く出て行きなさい。」と言われ、お父さんの前に現れたのでした。


    わかります。できることなら、知らん顔で済ませたい。そして、大声で叫ぶオジぃがいなくなったのを見計らって、そ〜っと車を出したい。

    残念ですが、市場の中で、それは無理です。


    市場に買い物に来ていただくのは、本当にありがたい。安くて良い品がありますから、たくさん買っていただきたい。

    だけど、駐車場を使えなければ、私達は仕事になりません。すぐ近くにコインパーキングがありますから、そちらをお使い下さいませm(_ _)m
     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM