<< 佐辺良和独演会(2) | main | 暑さでやられとんな(笑) >>

民謡で今日拝なびら

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    「民謡でちゅーうがなびら」と読みます。

    琉球放送のラジオ番組で、「拝なびら」を直訳すると「お目にかかります」。番組のタイトルとしては「民謡でこんにちは」くらいの意味でしょう。

    1961年に始まった超長寿番組で、放送時間は平日16時からの1時間。

    放送内容は、日替わりのパーソナリティが葉書によるリクエストに応えて、沖縄民謡5〜6曲を流すもの。このシンプルさが長寿の秘訣と言えるでしょう。

    番組開始以来、ず〜っとパーソナリティを務めているのが八木政男(はちきまさお)さん。



    沖縄芝居の役者さんで85歳。八木さんを知らないウチナーンチュはいないでしょう。今も現役で、舞台や映画で活躍されています。

    私が八木さんを初めて見たのは、新春民謡紅白の審査員席。ナマではなく、10年くらい前、大阪の大正駅前で買ったVHSのビデオでした。

    美しいウチナーグチを話す人だなぁ、と思いました。アナウンサーのような発音ではなく、親しみのある暖かな美しさ。


    昨日の独演会。進行役が八木さんでした。出演者が一人ですから演目の間が空きます。その時間に舞台に上がってユンタクし、観客の熱気を「保温」する役目です。

    緊張と緩和。場内は大いにわきました。


    今年の5月、嘉手納町に沖縄演芸学園が開校し、八木さんが学長に就任されたそうです。

    八木さんのコメントです。

    「芸大ができて組踊や琉舞の若手は育っているが、芝居ではウチナーグチの基礎が十分でない。ウチナーグチは沖縄の肝心(ちむぐくる)だ。今やらないと(ウチナーグチの話芸が)なくなってしまう」


    「民謡で今日拝なびら」は、構えて聴くのではなく、何か用事をしながら聴く番組と言えるでしょう。

    日常生活に溶け込む番組。そこから流れるウチナーグチ。

    私は決して熱心なリスナーとは言えませんが、それでもある日、この番組が流れなくなったとしたら、その喪失感は半端ではないでしょう。

    それを想像すると、番組に週2回の出演を続け、ウチナーグチを伝承しようとする八木さんの熱意、あるいは危機感が伝わってきます。


    コメント
    八木政男さん、声からも雰囲気からも、温かさがにじみ出ているような方だなぁと思いました。

    私のウチナーグチのヒアリング能力がもっともっと高かったら、5日は会場の皆さんと一緒に笑えたんだけどなぁ。

    ヤマトグチが混じった部分と名詞しかわからず、でした。

    「じん」が「銭」というのは、わかったので、そこはちょっとだけヒアリングできました。

    古典で歌っている琉歌の八八八六は、話し言葉のウチナーグチともまた違っているので、どちらもまだまだ修行であります。

    醸し出す雰囲気は大好きなんだけど、わかるのはまだ大分先のよう。
    • やまねこ
    • 2015/07/07 9:36 PM
    八木政男さんは北谷の生まれで、元々は同じ村である小生の地元で聞いた、ウチナー口と似たアクセントで話すので、親しみを持っていました。まだまだお元気のようで何よりです。

    しかし、「チューウガナビラ」という言い方は、団塊世代の私でも、ラジオ以外では聞いた事ありません。これはRBCの上原直彦氏が言い始めた言葉だと思いますが、感触としてしっくり行きません。

    これが使われ始めて、半世紀以上が経って定着してしまいましたが、私は「チューウガマビラ」(今日〈貴方を〉拝みます)が、本来の言い方ではないかと思います。たった一字の違いですが、拘りを捨てきれません。

    反上原直彦派の自分としては、長年すっきりしないものを持っています。

    不躾に言ってしまいましたが、この件について沖縄民俗研究者といえるcさんに、ゆっくりとでも調べて頂けたら有りがたいです。
    やまねこさん

    八木さんが観客を笑わせる時は、しぐさや間の取り方で、これから面白いことを言う予感がします。観客に笑う準備をさせているんですね。それも、ウチナーグチ話芸の一つかもしれません。

    八木さんは確か、沖縄県の無形文化財に指定されていたと思います。
    • coralway
    • 2015/07/08 7:15 AM
    キー坊さん

    そうでした。嘉手納と北谷は嘉手納基地によって、二つに分断されたんでしたね。

    「チューウガナビラ」

    「チューウガマビラ」

    私のまったくアテにならない感覚ですが、後者がしっくりきますね。なんで、マ行がナ行に移らなあかんのか。

    私が頼りにしている「那覇・首里方言データベース」には、「チューウガナビラ」は、少なくとも首里では使われたことがないとありました。

    キー坊さんが「反上原直彦派」ね。これも根拠希薄ながらも、そうだろうなと思いました(笑)。
    • coralway
    • 2015/07/08 7:23 AM
    「民謡で今日拝なびら」って、調べてみたら、ラジオNIKKEI第1で時差放送しているのですね。それならば、radikoで聞けるので、私も聞くことができるかも。今晩試してみます。楽しみです♪
    • やまねこ
    • 2015/07/08 11:53 AM
    やまねこさん

    ナイス!!
    • coralway
    • 2015/07/08 12:02 PM
    20分ほど遅刻しちゃったけど、つながりました。

    嬉しい!!

    いつかお葉書も書いてみようかな♪
    • やまねこ
    • 2015/07/08 7:39 PM
    やまねこさん

    それはいいわ。葉書を読んでもらったら嬉しいだろうね。
    • coralway
    • 2015/07/08 10:24 PM
    葉書を書いてみました。
    これから投函します♪
    • やまねこ
    • 2015/07/20 10:58 AM
    やまねこさん

    本土からのリクエストは、採用の可能性大。

    期待できるね。

    で、何を?
    • coralway
    • 2015/07/20 12:30 PM
    悩み悩んで、かぎやで風に。

    古典じゃないか!?という話もあるけれど、
    古典の人も、民謡の人も、みんな知っているし、
    背筋が伸びるあの曲は、
    お祝いの曲であるだけでなく、
    皆の幸せを願う曲のようにも感じるので。
    • やまねこ
    • 2015/07/20 1:14 PM
    やまねこさん

    なるほど。放送されますように(^-^)/
    • coralway
    • 2015/07/20 9:09 PM
    はがきは、今日、一部、読んでいただけました。

    リクエストは他の方のを一緒に聴いてくださいね、だったけど、比嘉康春先生の上り口説が聴けたから、よかったです。

    また、いつか書いてみようと思います。
    • やまねこ
    • 2015/07/24 7:58 PM
    やまねこさん

    それは残念。ちょと正攻法過ぎたか。

    次回に期待しましょ(^^)
    • coralway
    • 2015/07/24 8:02 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM